看護師転職

看護師の面接時で質問した方が良いこと悪いこと

 

面接において最後に「何か質問はありますか?」と訊かれることがほとんです。

この時に何を言えばいいのか、どう言えばいいのか、質問したいことはあるけど訊いていいのかわからないこともあるでしょう。

今回はこの逆質問で質問していいこと、質問してはいけないことについて解説します。

 

看護師の質問(した方がいいこと)

逆質問は最後のアピールチャンスです。

面接時には緊張していてすぐに思いつかず、帰りに「あれを質問すればよかった」など後悔することもあるでしょう。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]納得して転職するためには色々と質問するといいよ。[/char]

 

[char no="5" char="ナース(転職悩み中★)"]質問が多いとやる気のある看護師って思われますしね。[/char]

 

面接官は些細なことでも訊いて欲しいと思っています。

逆に質問がないと、やる気がないと思われてしまうかもしれません。

準備をしておけば回避できるリスクなのでいまのうちに対策しておきましょう。

 

仕事内容に関することを質問する

仕事内容に関することを質問すれば相手に対して意欲があると印象をよくすることができます。

 

・入職までに勉強しておくこと、準備しておくことはあるか。
・一日の業務の流れ

 

中途採用の場合は即戦力を求めているので、先に勉強や準備をしていれば教える手間が少なくなるのでありがたく感じるでしょう。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]病院の一日の流れなどを質問すると働く意思があるって思われるよ。[/char]

[char no="5" char="ナース(転職悩み中★)"]残業が気になる場合も質問していいのかな?[/char]

[char no="1" char="元・医療従業者"]その場合は、だいたいの帰宅時間を質問するといいよ。[/char]

 

例えば何時頃から仕事が始まり、昼休憩は何時から取れるかなどリアルな勤務時間を質問しておくと、熱心に面接を受けていて、ここで働こうと考えているという印象を与えます。

この時に残業について質問したい場合は、素直に残業と質問するのではなく、「職員はだいたい何時頃から帰宅するのか」と質問すれば残業の有無がわかります。

 

この時に面接者もやる気がある人に嘘をつきたくないと思い、残業に実態について教えてくれる場合があります。

工夫して質問すれば印象を悪くせずに情報が得られます。

 

職場環境に関すること

・休日について(シフト制のところ)
・看護師の平均年齢
・妊娠、出産、育児休暇について

など職場環境について質問するのもいいでしょう。

 

休日についての質問は、自分のところで仕事をしたいと考えていると捉えてくれます。

有給休暇の消化率など質問もあまり好感度が落ちる質問ではないようですが、休みについて気軽に質問ができるとことろはシフト制の施設となります。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]カレンダー通りの勤務の病院は、できるだけ湯級などで休んで欲しくないて思ってるところが多いよ。[/char]

 

シフト制でないところは休みが決まっているので、極力は休日以外の休みは避けて欲しいという傾向にあり、休みを取る場合は看護師同士で決めています。

シフト制でないところには逆に印象を悪くしてしまう可能性があるので注意しておく必要があるでしょう。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]休日についての質問は、悪い質問じゃ無いけど言いにくかったら看護師求人転職サイトのキャリアコンサルタントに聞いてもらう方法があるよ。[/char]

 

質問をしてはいけないこと

 

逆質問をして好感度を下げてしまう質問はどのような質問なのでしょうか?

その例について紹介します。

 

調べればわかること

病院のホームページやパンフレットに載っている内容など、調べればすぐにわかるような質問は避けましょう。

自分が仕事をするところをろくに調べもしないで面接にきたと、意欲がないように思われて印象を悪くします。

記載しているとを掘り下げて質問したい場合は、「御院のホームページには○○と書かれていますが……」など前置きして質問しましょう。

 

[char no="5" char="ナース(転職悩み中★)"]事前にしっかりと病院のことを調べておくことが大事なんですね。[/char]

[char no="1" char="元・医療従業者"]調べてないと働きたい気持ちがあるのか疑われるからね。[/char]

 

人間関係に関すること

面接に関わっている人は人間関係がどうなっているかわからない場合がありますので、求めている答えが返ってくることが少ないですし、前の職場では人間関係のトラブルで辞めたと思われてしまいます。

好感度を下げてしまう可能性があるため、この質問は避けましょう。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]あとで解説するけど、人間関係の質問は事前に看護師求人転職サイトのキャリアコンサルタントに調べてもらうといいよ。[/char]

 

給与の詳細について

給与などの待遇に関することは気になるところだと思いますが、そればかりストレートに質問してしまうと待遇ばかり気にしてると思われて好感度が下がってしまう可能性があります。

どうしても質問したい場合は「私くらいの経歴、キャリアの場合は御院での平均年収はどれくれいか」などオブラートに包んで、業務などについて質問をした後にしましょう。

 

それでも知っておきたい場合はどうすればいいか?

面接で逆質問をしてはいけないことでも、働く前には知っておきたいですよね?

知らないで就職して、後で後悔するなんてこともあります。

 

その場合は看護師求人転職サイトのキャリアコンサルタントに相談しましょう。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]キャリアコンサルタントの仕事はあなたの転職を成功させることだよ。[/char]

 

看護師求人転職サイトに登録するとキャリアコンサルタントが担当につきます。

キャリアコンサルタントの仕事は、あなたの転職を成功させることです。

なので、細かいところまで質問しましょう。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]キャリアコンサルタントに逆質問できないことを聞いてもらうことができるよ。[/char]

 

逆質問できない人間関係のことは気になりますよね?

多くの看護師は人間関係で悩んでいます。

 

新人ということが理由で使えない看護師とレッテルを貼っていじめ流ことがあったり、シフト表をみて出勤前から嫌な気持ちになったり、夜が眠れないという看護師もいるのでは無いでしょうか?

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]看護師求人転職サイトのキャリアコンサルタントに、病院の人間関係がいいか調べてもらうことができるよ。[/char]

 

看護師求人転職サイトのキャリアコンサルタントに相談すると、病院の内情や派閥の有無、離職率などを調べてもらうことができます。

離職率を知っておけば、なんとなく病院の内情を知ることができますね。

入職してから短い場合はすぐに辞めてしまうということなので、人間関係が悪かったり教育カリキュラムがしっかりしていないことも予想できます。

また、平均勤続年数を知っておけば、奨学金を払い終わった後に辞めてくことが多いことも予想できます。

 

 

給料のことは逆質問はしないほうがいいです。

それでもやっぱりお金のことは知っておきたいですよね。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]看護師求人転職サイトでは、給料の交渉をしてもらうことができるよ。[/char]

 

ある程度経験を積んでいる看護師は、転職することで以前の職場の給料より下がってしまう場合があります。

なので、できれば前と同じかそれ以上の給料が欲しいって思いますね?

 

看護師求人転職サイトのキャリアコンサルタントに、給料の交渉をしてもらうことも可能です!

 

ただし、それにはその給料に見合った経験や資格が必要です。

様々ななことを考慮して給料アップに繋がることもありますので相談してみるといでしょう。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]看護師求人転職サイトで転職をスムーズに行うには複数サイトを利用するといいよ。[/char]

 

このような看護師求人転職サイトを上手に活用するには、最低でも3つ以上の活用がおすすめです

 

キャリアコンサルタントに相談すると様々なことを質問できて頼りになりますが、やはり人間なので合う合わないがあります。

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]キャリアコンサルタントの収入は看護師の紹介料だから、すぐに転職しそうな看護師に対して祖先して動く傾向があるみたいだよ。[/char]

[char no="5" char="ナース(転職悩み中★)"]他にもサイトを利用して、親身になってくれるくれる人を見つければいいんですね。[/char]

 

キャリアコンサルタントは1人で10人以上の看護師の対応している場合があります。

なので、忙しいがゆえにすぐに転職しそうな人を優先されて後回しになれたりすることで不満を思ってしまうこともあるでしょう。

担当替えもできますが、他にも求人転職サイトを活用していれば不満に思ったサイトは退会して、それ以外のサイトを活用すればスムーズに転職が可能になります。

 

まとめ

面接時の逆質問は求められていますので、「特にありません」などとは絶対に言わず、事前にしっかりと質問内容をまとめて対策をしておいたほうがいいです。

この時が最後のアピールチャンスであり、内容によって好感度が上下しますので、以上のことを踏まえた上で好感度をあげる質問をしていきましょう。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5