看護師のキャリアアップ

キャリアアップで糖尿病認定看護師になるには【メリットや条件】

 

糖尿病は生活主観病とも呼ばれることもあり、高齢者の増加や食生活の欧米文化の浸透により、糖尿病の患者は年々増えており、若年化傾向にあります。

慢性的な疾患で大きな合併症を引き起こす糖尿病は高齢者になるほどリスクは増加します。

一度発症すると一生向き合っていかなければならない病気で、その患者に寄り添って高度な看護をするのが糖尿病認定看護師です。

 

糖尿病認定看護師とは

 

糖尿病認定看護師は、糖尿病患者とその家族QOL向上に貢献できる認定看護師です。

糖尿病に携わり医療現場で他の看護師などの指導や相談をし、教育や育成をするために制定されました。

 

医学的な観点の他に生活習慣や食事指導などの予防的観点や患者とその家族に対してコミュニケーション能力を習得します。

 

糖尿病認定看護師の役割

患者やその家族に対して病気の悪化と合併症を防いで、できる限り健康的でその人らしい生活を送ることができるように生活習慣や食生活に関する指導や支援を行うことが糖尿病認定看護師の役割です。

糖尿病は慢性疾患なので、日常的に予防し、対策をすることが大事です。

フットケアやセルフケアの指導や血糖パターンマネジメンも糖尿病認定看護師の役割で、退院後や在宅生活の事も考慮して患者と家族へ適切な助言を行います。

他の看護師にも糖尿病に関する看護実践能力を指導や相談を行い、職場全体のレベルアップを図ることも糖尿病認定看護師の役割です。

 

糖尿病認定看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

糖尿病分野の認定看護師を取得ための実務経験は次の3つの条件を満たしていることが望ましいと看護協会が定めています。

 

・通算3年以上の糖尿病患者の多い病棟、または外来での看護実績を有すること。

・インスリン療法を行なっている糖尿病患者または合併症のある糖尿病患者の看護を合わせて5例以上担当していること。

・現在、糖尿病患者の多い病棟、外来、在宅ケア領域で勤務していることが望ましい。

 

糖尿病認定看護師になるには日本看護協会が指定する教育機関における過程を終了した上で試験に合格する必要があり、合格率は90%以上です。

落とすための試験ではないので、合格者が多いのですが、その試験を受ける資格を得るまでが困難です。

 

糖尿病認定看護師の教育機関

2018年現在の糖尿病認定看護師の教育機関はこちらです。

 

・日本看護協会 看護研修学校

・日本赤十字看護大学看護実践・教育・研究フロンティアセンター(東京都)

・徳島文理大学地域連携センター 糖尿病看護認定看護師教育課程 (徳島県 )

・ 福岡県立大学 看護実践教育センター (福岡県)

 

[char no="1" char="元・医療従業者"]ワタシも最近糖尿病気味で太りすぎで困っています(TT)

医療に携わっていても健康に気をつけながら生活するのはけっこう大変ですね。

こういった資格を持っている看護師さんはありがたい[/char]

 

糖尿病認定看護師に求められる看護スキル

 

 

糖尿病認定看護師に求められるスキルは次の3つです。

・血糖パターンマネジメント技術
・フットケア技術
・糖尿病ケアシステム立案技術

血糖値は食事療法や運動療法、場合によっては薬物療法で下がり、コントロールして行くのですが、患者の心理状態や地域の特性、季節など様々な要素が影響してくるので、患者の性格や生活環境、職業など理解して管理を行う必要があります。

これが血糖パターンマネジメント技術に求められるスキルです。

 

フットケアでは患者の足をケアするだけでなく、患者が自分自身でケアできるように指導する役割があります

自己管理についての指導力と糖尿病ケアシステム立案技術として市域における糖尿病の予防に向けた糖尿病システムが必要になって着ます。

 

そのため糖尿病認定看護師には高い専門知識と看護スキルが求められます。

 

糖尿病認定看護師が活躍できる職場

 

糖尿病は発症すると一生付き合っていかなけばならないため、入退院を繰り替えることも多く、心身共に非常にストレスを抱える患者のケアをするためにそのスペシャリストである糖尿病認定看護師が多く求められます。

糖尿病認定看護師は、その分野に特化した看護能力と知識を有しているため、直接患者の診察に携わる外来が主な職場になります。

クリニックでもそのスキルと活かすことができますが、認定看護師は資格取得に多額な費用がかかることから、資格手当の支援を行なってくれる大規模な病院や資格手当を用意してくれる病院で勤務されことが多いです。

 

糖尿病認定看護師の資格を取得すれば活躍できる職場を探すことはそう難しくないです。

内分泌代謝内科、糖尿病内科、糖尿病外来など糖尿病に特化した科目は多く、内科には糖尿病の専門チームを配置している病院もあるので、そのような病院では糖尿病認定看護師は中心的な役割を担うでしょう。

 

糖尿病認定看護師になるために

 

糖尿病認定看護師になるには多額の費用がかかります。

教育機関に通うための入学金や授業料、などで約100万円以上かかってしまいます。

病院によってはこのような認定看護師になるための支援を行なってくれるところがあり、この費用を負担してくれるなど病院があります。

糖尿病認定看護師を目指している方はそのような病院へ転職されてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

糖尿病認定看護師は専門知識をはじめ、患者や家族へのセルフケアの指導を行います。

認定看護師の中でもみじかな慢性疾患に特化した数少ない分野で、外来クリニックなどの診察介助で医師に近い立場として助言や提案を行います。

 

 

-看護師のキャリアアップ

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5