看護師のキャリアアップ

キャリアアップで訪問看護認定看護師になるには

 

訪問看護認定看護師は訪問看護の分野において熟練した看護技術と知識を用いて高水準の看護実践ができる看護師を言います、

高齢化社会や在院日数の短縮化、在宅療養を求める人の増加などによって、訪問看護のニーズは伸びています。

 

患者の自宅を訪問し、医師の指示書の中で適切な処置をするだけでなく、患者のセルフケアや、家族の看護・介護方法を指導します。

訪問看護では医師や医療機器のない一般家庭での看護期待されるため、訪問看護の分野で熟練したスキルや経験、知識を持つ訪問看護認定看護師が期待されます。

 

訪問看護のスペシャリストとして医療機関や介護期間との連携を図り、患者の在宅療養生活の質が向上できるようにマネジメントを行います。

[char no="1" char="元・医療従業者"]訪問看護認定看護師の詳細、資格取得方法について解説するよ![/char]

[char no="5" char="ナース(転職悩み中★)"]資格取得してキャリアアップを目指しましょう![/char]

 

訪問看護認定看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

訪問看護分野の認定看護師を取得ための実務経験は次の3つの条件を満たしていることが望ましいと看護協会が定めています。

・通算3年以上在宅ケア領域での看護実践を有すること。
・医療処置及び管理を要るする患者の在宅における看護を5例以上担当した実績を有すること。
・現在、在宅ケアに携わっていることが望ましい。

訪問看護認定看護師の試験そのものの難易度は落とすための試験ではないのでそう難しいものではないですが、受験資格を得るまでが大変です。

 

訪問看護認定看護師の教育機関

訪問看護認定看護師の教育機関はこちらです。

・日本訪問看護財団 認定看護師教育課程(東京都)

・聖路加国際大学 教育センター (東京都)

・愛知県 愛知県看護協会 認定看護師教育課程(愛知県)

・兵庫県 兵庫県看護協会 認定看護師教育課程(兵庫県)

現在は以上4つです。

 

訪問看護認定看護師の教育カリキュラム

認定看護師の訪問看護分野のカリキュラムや所要時間は、各教育機関によって異なります。

日本看護協会が定めている認定看護師教育基準カリキュラムを紹介します。

 

共通科目:120〜150時間

認定看護師に必要な共通の能力を養うための8科目が必須でそれぞれ15時間ずつ履修します。

・看護管理

・リーダーシップ

・文献検索、文献講読

・情報管理

・看護倫理

・指導

・相談

・臨床薬理学

 

選択科目として「医療安全管理」「対人関係」の2科目をそれぞれ15時間履修する事も可能です。

 

専門基礎科目(120時間)

以下の合計5科目120時間を履修します

・在宅医療病態論 を60時間

・訪問看護概論を15時間

・訪問看護事業所経営管理を15時間

・安全管理を15時間

・家族支援を15時間

 

 

専門科目(120時間)

以下の6科目120時間履修します。

・地域包括ケアシステムを各30時間

・エンド・オブ・ライフケアを各30時間

・在宅における医療処置管理を15時間

・在宅薬剤管理を15時間

・フィジカルアセスメントを15時間

・在宅療養に必要なセルフケア支援を15時間

 

学内演習(105時間)

以下の3科目105時間の学内演習を履修します。

・訪問看護におけるケアマネジメント演習・展開を45時間

・地域包括ケアシステム評価演習を30時間

・多機関・多職種連携のマネジメント演習を30時間

 

 

臨地実習(180時間)

次の3つの分野を含めて臨地実習を180時間履修します。

・地域包括支援センターでの実習(1施設以上)

・退院調整のケアマネジメント(1事例以上)

・各自の課題にあわせて選択した訪問看護事例(2事例以上)

 

以上の合計で630時間(選択科目+30時間)の教育カリキュラムを受ける事で、訪問看護のスキルを習得し、認定看護師認定審査の受験資格を取得できます。なお、2015年度より新設された科目も複数あります。

 

訪問看護認定看護師の役割

 

訪問看護認定看護師には次の役割があります。

・個人、家族及び集団に対して熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実勢する。
・看護実践を通して看護職に対して指導を行う。
・看護職に対してコンサルテーションを行う。

訪問看護の分野では訪問看護師が病院ではなく、患者の自宅で単独に看護を行う機会が多いため、看護職に対して指導や相談できる機会は少ないです。

訪問看護認定看護師は患者と家族に対して、より高い看護環境を提供するためん処置や提案、指導をする役割があります。

 

訪問看護認定看護師に求めらる看護スキル

 

訪問看護は通常看護師単独で行われる為、訪問看護認定看護師は医師も医療器具もない中で病院と同程度の診療や看護が求められるという高いレベルが求められます。

患者のバイタルサインや顔色などを観察して以上の有無や緊急度を判断することも含まれます。

内科全般の知識が必要になり、高齢者に多い疾患に関する知識や看護技術、さらに入浴・排泄の介助。認知症のへケアなどの対応できる看護スキルが求められます

 

訪問看護認定看護師の活躍できる職場

 

訪問看護認定看護師が活躍できる職場は都道府県など各自治体が設置した県立病院や市立病院、日本赤十字社が運営する病院での内科、訪問看護部門などの専属部署、または訪問看護ステーションや介護福祉施設などがあります。

専門看護師の在宅看護分野では訪問看護の他に在宅医療に抱えあっている看護師も多くいますが。認定看護師の訪問看護分野では活躍できる職場は訪問看護に限定される傾向があります。

 

また、訪問看護技術の向上が叫ばれるためめ、その高度な専門知識と技術と技術を活かして看護学校の講師や講演会などで活躍する認定看護師もいます。

 

訪問看護認定看護師になるために

 

訪問看護認定看護師になるには多額の費用がかかります。
授業料だけで約70万円、実習費だけで約10万円など、100万円以上かかってしまいます。

そんな時に頼りになるのが認定看護師の資格取得を支援してくれる病院です。

費用に負担や教育機関に通っている期間を休暇扱いにしてくれます。
なので訪問看護認定看護師を目指している人はそのような病院へ転職してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

訪問看護認定看護師は在宅医療のスペシャリストとして訪問看護の現場で患者とその家族のケアを行います。

必要に応じて様々な医療、介護図タッフと連携、調整を行い現場でリーダーシップを発揮します。

 

 

-看護師のキャリアアップ

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5