看護師のキャリアアップ

キャリアアップで老人専門看護師になるには?

 

老人専門看護師は高齢者に対する看護をその分野のスペシャリストとして行うことを役割としている専門看護師です。

加齢によって身体機能や運動機能が衰えた高齢者は、複数の疾患を抱えたり糖尿病や心臓病などの慢性疾患を抱えることがありますので、医療を必要としている人はたくさんいます。

医療の視点だけでなく介護の目線で生活の質を高めることも看護師のスキルとして求められます。

 

老人専門看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本の看護免許を持っていること
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上
・専門看護分野の実務研修を受けていること
・看護系大学院修士課程修了者であること
・専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得していること。

 

老人専門看護師の実務経験は看護して5年以上を持ち、その中で3年以上の老時看護分野での経験を積まないといけません。

その上で日本看護協会の教育機関でカリキュラムを修了し、専門看護師教育課程基準の所定単位は、総計26単位、または38単位を取得することが条件でこれには約6ヶ月ほどかかります

さらに専門看護師の試験に合格することで老人専門看護師になることができます。

老人専門看護師の教育機関は専門看護師11分野の中で3番目に多く、自宅から大学院に通う方が多いです。

 

老人専門看護師の役割と求められるスキル

 

老人看護は排泄や入浴の介助が必要になった高齢者や、認知症に苦しむ患者やその家族のケアを行います。

 

老人看護に携わるスタッフは、「慢性疾患に悩む患者や療養型の施設や病棟での患者の処置に疲れる」ことや、「意思表示ができない患者に対してどこまでのケアをしていいかわからない」という悩みを持っています。

相手が病人でも敬意を持って接する必要があり、話し方に気を使うこともあります。

 

必要な看護ケアはしっかりと行わないと患者の状態を悪化させてしまうことになります。

老人看護は難しい局面にぶつかることが多いので、老人専門看護師として高い技術と専門知識で他のスタッフのサポートし、現場でリーダーシップをとっていく役割もあります。

老人専門看護師は高齢者に対すつ敬意や加齢に伴う身体的変化や疾患に対して知識を持ち、臨機応変に対応できるスキルが求められます。

 

老人専門看護師が活躍できる職場

 

老人専門看護師が活躍できる職場は、高齢者が多く治療を受ける病院の病棟などの医療機関や、介護老人保険施設、在宅介護など幅広いです。

その中で第一にあげるとしたら地域に密着した医療を提供している病院などの医療機関です。

高齢者も受診するので老人専門看護師として活躍することが期待されます。

療養型の病棟がある大規模な要因や、認知症や全介助が必要な利用者を受け入れている特別療養老人ホームで勤務している看護師が老人専門看護師を目指す傾向にあります。

介護とも密接に関係しているので介護施設でも老人専門看護師を配置していることももあるので、このような場でも老人専門看護師が活躍できます。

 

老人専門看護師になるために

 

老人専門看護師になるには、入試試験や入学金、授業料、実習費、認定審査費用、認定費用の合計だけでも100万円以上と多額の費用がかかります。

また資格取得までの教育機関に通う期間の生活費などがかかることから200万以上がかかると言われています。

さらに教材を購入するだけで数十万払うこともあるようです。

このように老人専門看護師になるには多額の費用と期間があります

病院によってはこのような専門看護師を目指す看護師に、その金額を負担してくれたり、教育機関に通う期間を休暇扱いにしてくれるなど支援してくれるところがあります。

資格取得を目指す時はお世話になることがベストです。

このような病院への転職は看護師求人転職サイトの活用がオススメです!

看護師なら完全無料で利用できますので、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

 

-看護師のキャリアアップ

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5