看護師のキャリアアップ

看護師が助産師の資格を取得してキャリアアップするには

 

助産師とは女性に分娩立ち会ってへその緒を着ることができたり新生児の保健指導を行うことがメインです。

助産師になるには看護師の資格だけでなく看護師の経験を積んだ後に助産師の資格を取得しないといけません。

看護師としてはキャリアアップになるにある仕事で、小さな赤ちゃんが大好きな人にはやりがいを感じる仕事といえます。

 

助産師になるのは

 

 

【助産師の資格取得条件】
・指定学校で1年以上助産に関する学科を修めた者。
・厚生労働大臣の指定した助産師養成所のが功を卒業した者、または見込みの者

受講料:100万円前後
試験料:5,400円
受験期間:毎年年1回2月頃
合格率:95%
保有者数:31000人以上

 

助産師は国家資格です。

なので毎年2月に行われる国家試験を受験して合格することで資格取得ができます。

この国家試験は誰でも受講できるものではなく、助産師のカリキュラムのある看護系の大学を卒業した人か、看護師として働きながら助産師の養成所に1年間通った人が受験する資格があります。

 

国家試験を受けるには厚生労働省のホームページで受験資格や手続機方法を確認して、受付期間内に受験手続きを行うことが必要です。

 

受験費用は5400円で、これは現金での支払いではなく収入印紙で支払わないといけないので余裕を持って準備する必要があります。

試験会場は北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県で行います。

 

助産師の難易度

看護師の資格を持っている人がキャリアアップとして資格をとる助産師の国家試験の合格率は毎年平均して95%です。

それほど高くないのが特徴ですね。

保有率は日本国内で約31000人以上です。

 

この国家試験は落とすための試験ではないので、助産師養成所に通って真面目に勉強をしていれば合格できるものです。

助産師の国家試験に合格すれば厚生労働省の認定の元で日本全国どの病院でも助産師として働くことができます。

 

看護師が助産師になる将来性

助産師の資格は看護師の資格と同じ国家資格なので、一度資格を取得すれば一生物になりキャリアアップになります。

年一回行われている試験で毎年約2000人前後の合格者がいますので少しづつ増えています。

 

今は少子化に悩まされている時代ですが、だからこそ赤ちゃんが生まれるということが希望になり、やりがいが出るものです。

いつの時代もこれからの時代もこの助産師は日本全国で必要な資格なので将来も有望です。

 

助産師になるための転職

 

助産師の資格を取得することを目指している看護師は、産婦人科で仕事をすればその現場をより深く知れることになります。

先輩助産師から色々と話も聞けますしね!

医療機関によってはキャリアアップのためにサポートを行ってくれるとこともあるので、そのような病院へ転職するのには看護師求人転職サイトがお勧めです。

 

看護師求人転職サイトは看護師は完全無料で利用できるサイトで、登録すると転職のプロのキャリアコンサルタントから連絡がきます。

キャリアコンサルタントに相談すると、その希望に沿った求人情報を紹介してくれるでしょう。

中には条件のいい非公開求人もありますので、それを狙って行くのもいいでしょう。

 

助産師になりための転職をしたいとキャリアコンサルタントに相談すれば、より具体的にどうすればいいか、どのような病院へ行けばいいかなど色々とアドバイスをしてくれると思います。

 

「思います」というと、「そうではないの?」と不安になってしいますね。

キャリアコンサルタントも人間なので、経験豊富な人もいて親身になってくれる人もいますが、逆に多くの看護師の担当をしているためあなたへの対応の優先順位を下げてしまう人もいる可能性があるということです。

 

なので、絶対にいいキャリアコンサルタントが担当についてくれるとは限らないんですよ

 

そのため、看護師求人転職サイトは最低3つ以上を活用させることをお勧めします

3つのサイトに登録すれば3人のキャリアコンサルタントが担当についてくれるので、あなたの転職の成功率が上がります。

助産師の資格を取得するために看護師求人転職サイトを利用しての転職を検討してみてはいかがでしょうか?

-看護師のキャリアアップ

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5