看護師転職

復職で採用されやすい看護師とは?年代別に解説

 

出産や子育てなどやむおえない理由などで看護師の現場から離れていたり、何かしらの理由で他の仕事をしていて看護師として復職したいという方は少なくありません。

復職は厳しいと考えているかもしれませんが、看護師の場合は慢性的に人手不足なので、比較的に復職はしやすいと言えます。

その中でも採用されやすい看護師はいます。

今回は復職で採用されやすい看護師年代別に解説します。

 

採用されやすい看護師を年代別に解説

 

医療の現場から遠ざかっていて、復職をしようとしている看護師の中で採用されやすい看護師を年代別にご紹介します。

 

20代で採用されやすい看護師は

20代の場合は復職といっても数年間のブランクだと思います。

まだ若いので体力面は衰えていませんし、柔軟性も持っているので採用されやすい年代でもあります。

なので復職でも見つけやすいです。

どのような仕事でも積極的にこなすという意欲がある人や、専門知識をどんどん学んでキャリアアップを目指すという人はより採用されやすくなるでしょう。

逆に採用されにくい看護師は、実務経験が少ないのにやたら希望条件が多かったりする人です。
残業をしたくない。夜勤をしたくない。命に直接関わるようなことはしたくないなど、細かい条件を浸かる人は採用側はとりたくありません。

他の仕事をしてくれって思われてしまうでしょう。

なので看護師として働くことに意欲を持っていることをアピールして行きましょう。

 

30代で採用されやすい看護師とは

30代のブランクがある看護師は、復職を希望している年代が最も多いので復職先を見つけるのはそれほど困難ではありません。

専門的な知識や技術を身に付けたいという意気込みがある人や、社会人としてのマナーや礼儀があり、コミュニケーション能力の高い人が採用されやすいでしょう。

キャリアアップを狙える年代でもあり、自信がキャリアアップを目指しているのならより採用されやすいでしょう。

 

逆に採用されにくい看護師は、事務員などブランク期間の時に行なっていた仕事より給料がいいなどを理由に看護師ばかにして戻ってくるという看護師です。

またはキャバクラなどで働いていて、年齢とともに稼ぎにくくなった潜在看護師が戻るというケースです。

その場合は復職の研修やセミナーを受けたり、看護師として働くことに意欲を見せていけば採用されやすくなるので、まずは気持ちを切り替えてその姿を見せて行きましょう。

 

40代で採用されやすい看護師

40代になると復職には少しずつ難しくなりますが、ブランクがあってもやる気を持って新しい知識を身につけて成長しようとする意気込みを感じたり、コミュニケーション能力が高い人は採用されやすくなります。

この年代は責任能力や管理能力も問われますから、コミュニケーション能力が高いと面倒見がいいというように捉えら得ますので採用されやすくなります。

採用されにくい看護師は、体力的にきついことをアピールして仕事を選ぶ人です。

ブランクがある期間で医療はどんどん発展していますので、自身も成長する姿を見せないと採用されにくいです。

 

50代で採用されやすい看護師

50代になるとブランクのある看護師では復職が厳しくなってしまいます。

経験豊富なベテランの看護でも転職に不利な年代なので一苦労するでしょう。

その中でも作用されやすいのはコミュニケーション能力が高い看護師です。

なので採用されにくいのはコミュケーション能力がない人のことを言います。

愛想が悪いとそれだけで採用されにくくなるでしょう

ブランクがあって知識や技術が低い分、ほかでカバーできるようでないと採用されるのは難しくなってしまいます。

 

採用されにくい看護師は?

 

採用されにくい看護師は、どの年代でも共通して言えることがコミュニケーション能力がない看護師です。

看護師はどの現場でも人と接する仕事です。

なので、コミュニケーション能力が不足している看護師が入ってしまうと、連携が取りにくくなったり患者さんからクレームがくるかもしれません。

 

コミュニケーション能力は指導してすぐに身につくものではないので、あらかじめ備わっていたほうが採用されやすくなります。

 

子供がいる看護師は子供の話など共通している話題でコミュニケーションがとれるので採用されやすいようですよ。

 

まとめ

ブランクがあって復職を希望する場合に総じて言えることは、コミュニケーション能力が高いことが求められます。

看護師は患者さんとも、スタッフとも信頼関係を持たなければいけない仕事なので、コミュニケーション能力は求められます。人見知りだからんど言ってはいられません。

また、それだけでなくブランクがある分看護師として働くことに意欲を見せていくといいでしょう。新しい知識や専門的な技術を身につけてキャリアアップを狙っていく姿勢も見せていけば採用されやすくなります。

復職で悩んでいる場合は、復職の研修やセミナーを受けるか、看護師求人転職サイトに登録してキャリアコンサルタントの相談してみるといいでしょう。

看護師求人転職サイトのキャリアコンサルタントは転職させるプロなので相談にのってくれて、対策を提案してくれるでしょう。

-看護師転職

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5