看護師転職

30代前半の看護師に人気の診療科とは?特徴を解説【選ぶ場所で人生が決まる】

 

30代前半の看護師は看護師としてのスキルが身についていて安定し、仕事に対してやりたい方向性が見えている時期でもあります。

今回は30代前半の看護師が転職したい人気の診療科について解説します。

 

30代前半の看護師に人気の診療科

 

30代前半の看護師に人気な診療科を理由共に紹介します。

人気な理由を知っておけば転職した時に働きやすいイメージが持てるでしょう。

 

救急科・ICU

スキルアップを目指したり、ジェネラリストを目指したい看護師に目指す看護師に人気なのがICUや救急科です。

看護師としての高いスキルと知識が要求されますが、今まで積み重ねていたのならやりがいがある診療科です。

過酷な現場ですが、結婚や出産を前に経験してみたいという看護師も少なくありません。

 

循環器内科

心臓血管系や高血圧の疾患を扱う循環器系内科は命に抱えある症例が多いので石印は重大ですがやりがいがある診療科です。

心電図の波形から読み取るスキルが必要になってくるので、勉強することが大変になりますが、心電図の12誘導の波形でどの場所に心筋梗塞があるなどスキルが身につくとその分野でずっと働いていこうという意識が高まってくる看護師もします。

 

透析

透析は外来のみで作業が多くなりますが、1日透析をする患者さんは決まっていて急患がないので残業は基本的になく、家庭と両立させたい看護師には人気です。

患者さんに寄り添った看護ということではないので人によっては物足りなさを感じしまうかもしれません。

 

整形外科

整形外科はリハビリや怪我の治療がメインなので患者さんの死を目の当たりにする解くことが基本的にはない職場なので、比較的に雰囲気が明るい診療科です。

患者さんが無事に回復して退院していく姿を見ることがやりがいを感じる看護師も多いです。

 

小児科

小児科は子供が相手なので、病状も節米が難しかったり、あらゆる病気の患者がくるので診察が難しくなります。

注射や点滴をするにも、大人より細い血管に刺すことになるので、高いスキルが求められ、泣く子供いるので高いメンタルも求められます。

しかし、人の親になって思うこともあり、人気になってくるのがこの小児科です。

看護師の中ではやりたい人とやりたくない人が別れる診療科でもあります。

 

30代前半の看護師が人気の科に転職するには

 

30代前半の看護師が人気の診療科に転職するなら看護師求人転職サイトの活用をお勧めします。

転職にはハローワークやナースセンター、求人情報誌を着くなど様々な方法がある中でなぜ看護師求人転職サイトを使うのがいいのかと言うと、サイトを使った転職ではプロの相談者ができるからです。

転職には看護師仲間や友人などの相談する方もいると思いますが、一番はその事情に一番詳しいプロに相談することです。

そのプロとは看護師求人転職サイトに登録すると担当に着くキャリアコンサルタントのことです。

キャリアコンサルタントに相談すればあなたの希望に沿った求人情報を紹介してくれるでしょう。

 

また、求人転職サイトに登録している求人情報は一般には公開していない非公開求人があります。

非公開求人は、病院が現在働いているスタッフに知られたくないような待遇や、公開すると応募が殺到するような好条件の求人情報です。

このようないい条件の求人情報を見つけやすくするには最低3つ以上に看護師求人転職サイトに登録しておくといいでしょう。

キャリアコンサルタントもサイト一つごとに着くので、3つ登録すれば3人のキャリアコンサルタントがあなたのために動いてくれることになります。

そうすればあなたの転職の成功率が高くなるでしょう。

 

まとめ

30代前半の看護師に人気の診療科を紹介しました。

このような診療科に転職するには看護師求人転職サイトを利用したほうがやりやすくなり、条件のいいところも見つけやすくなるでしょう。

活用してみてはいかがでしょうか。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5