看護師転職

40代看護師が転職で採用されやすい、されにくい人の違い【チェック】

 

40代看護師は経験が豊富なのでスキルなどには特に問題にされることはないです。

採用されやすい40代看護師と採用されにくい看護師とはどのような違いがあるのかについて解説します。

 

採用されやすい看護師と採用されにくい看護師とは

 

40代看護師で採用されやすい看護師と採用されにくい看護師は人間性の問題になってくるので、人に溶け込める看護師が採用されやすい傾向にあります。

40代という年齢ではベッテランの看護師になるので管理職の候補として採用されることが多いです。

管理職は周囲の人は注意しにくくなっていますので、周囲の声を聞くことができるかどうかが大切になってきます。

 

反発ばかりしていると周りに馴染むことができないので採用する側も40代看護師は経験や好き類だけでなく新しい環境に馴染める看護師が採用されやすくなっています。

逆に、環境に馴染もうとする柔軟性がなくて、自分のやり方が絶対と信じて押し付けようとする看護師は反発を生み、馴染むことができないので採用されにくい看護師ということになります。

 

ブランクは関係ない

結婚や出産、育児を理由に退職していた看護師もひと段落している年代が多く、また看護師として復帰したいと思う場合もあります。

その時思ってしまうのが、ブランクがあるから採用されにくいと心配してしまうところです。

 

しかしながら、このようなブランクがあっても採用してくれる勤務先はたくさんあります。

看護師の業界は慢性的に人手不足なので、年代にかかわらず採用されやすい職業でもありますから、ブランクよりも人間性が問われることが多いです。

 

謙虚に学ぶ姿勢があり、周囲に馴染もうとするコミュニケーション能力が高い看護師なら採用されやすいです。

40代看護師の転職は総合病院や大学病院で勉強してきたという看護師は採用されやすいです。経験があるということもありますが、40代になると新しいことを覚えにくいというところもあるので、常に学ぶ姿勢があった看護師ならその習慣があるので慣れやすくなります。

 

クリニックに転職するパターンもありますが、未経験の分野だと新しいことを覚えるのが困難になってしまうことがあるので、以前と同じ診療科を選ぶ方がいいかもしれません。

>>40代の看護師に人気な診療科

 

40代看護師が転職しようと思ったら

もしも転職に心配だったら看護師求人転職サイトに登録することをお勧めします。

看護師求人転職サイトは完全無料で利用できるサイトで、登録すると担当のキャリアコンサルタントがつきます。

 

担当のキャリアコンサルタントに条件を相談すれば、それをもとに求人情報を探してくれます。

中には非公開求人もあり、条件のいい求人情報が思わぬところから知ることができるかもしれません。

 

非公開求人とは、病院側が既存のスタッフに知られたくないような高待遇の条件であったり、一般公開すると応募が殺到しすぎて対応に追われてしまうような好条件の求人情報です。

病院にとってはコストがかかりますが、その代わり優秀な人材を紹介してもらえるというメリットがあります。

 

求人転職サイトの収益はその紹介料になっていて、その額は看護師の想定年収が多いほど多くなります。

40代看護師は管理職候補として採用されやすいので、想定年収が高いことから、担当のキャリアコンサルタントも積極的になってくれるということが多いです。

 

ブランク明けの場合でも、すぐに再就職を希望していることから積極的になってくれるでしょう。

なので、最低3つ以上の求人転職サイトの活用をお勧めします。

キャリアコンサリタントに相性がありますが、積極的になってくれるからこそ比較して、条件のいい求人情報を見つけてもらう確率を上げていきましょう。

>>ブランク歓迎の看護師勤務先ランキング

 

まとめ

40代看護師は経験豊富なのでスキルなどには問題ないですが、周囲に馴染めるような人間性が問われる場合があります。

ブランク明けの場合でも採用されにくいということはないので、求人転職サイトに登録して条件のいい勤務先を見つけてもらっていてはいかがでしょうか。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5