看護師転職

求人誌で看護師求人を探すメリットとデメリットは?よりいい方法は?

 

看護師が転職や再就職をするために求人情報を探す方法は色々ありますが、その方法の一つに、求人誌で探すという方法があります。

今回は求人誌で求人を探すメリットとデメリットについて解説します。

 

求人誌で探すメリットとデメリットを知っておきましょう

 

求人情報誌で求人を探すメリットとデメリットについて解説します。

両方知ることで自分に適しているか判断できますね。

 

求人誌で探すメリット

求人情報誌は無料のものもあれば有料のものがあります。

有料でも100円〜200円程度なので手に入りやすいです。

その求人誌での情報は毎週更新されるので、新しい求人情報を入りやすくなります。

求人情報誌は様々な種類のものがあるため、見比べて自分にあった求人情報を見つけることができます。

また、求人情報誌は地域密着な看護師求人を見つけられるというメリットがあります。

 

求人誌で探すデメリット

求人情報誌は手軽に探せる方法として魅力的ですが、幅広い求人情報を見つけることができません。

地元しかないので、多少遠くてもいいのでいい病院で働きたいという方や、思い切って都会で一人暮らしをしながら働きたいと思う場合はその地元の求人情報誌にしかありません。

また求人情報誌はスペースが限れれているため、その病院の情報が少ないです。

福利厚生がしっかりしているのか、業務内容がどのようなものか、人間関係がどうなっているかなど詳しいことを知ることができないです。

 

求人情報誌で探すよりは

 

求人情報誌は地域密着で毎週新しい情報を知ることができるというメリットがあるが、情報の数が多くても情報の量が少ないというデメリットがあります。

なので求人情報誌よりは看護師の転職サイトの方がオススメです。

看護師転職サイトは、日本全国の幅広い地域の求人情報があります。しかも看護師専用なので、情報の密度が濃いです。

 

また、転職するための条件検索ができますので、あなたにあった求人情報が見つけやすくなります。

転職サイトでは担当のコンサルタントに相談すれば的確な求人情報を紹介してくれます。

例えば、給料がいいところや休日が多いところがいいと相談すればその条件のものを溶解してくれますし、産休や育休明けであったりブランクがある場合はブランクがあっても受け入れてくれやすい求人情報を紹介してくれます。

 

人間関係が原因で退職してしまった場合は、やはり転職先の人間関係が気になると思います。

転職サイトのコンサルタントはある程度の人間関係まで調べてくれるようです。

条件のいい求人が見つかった後、いざ面接をしたい場合、履歴書にどう書けばいいか、PR方法はどうすればいいか、面接で聞かれることは何か、その対策方法はなど色々と不安になることもありますが、担当コンサルタントは採用してもらうのが仕事なので真剣に向き合ってくれます。

 

 

まとめ

求人情報収集で求人を探す場合は毎週新しい情報を仕入れることができて、見比べられるというメリットがありますが、除法量が少ないというデメリットがあります。

また地域の情報のみで、他県など幅広い情報はありません。

看護師の転職サイトの求人情報は看護師の専門の求人んしかなく、全国的な情報で病院の情報が細かいです。

担当コンサルタントに様々な条件を相談すればあなたにとっていい求人が見つかると思いますので活用してみてはいかがでしょうか。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5