看護師転職

看護師がナースセンターで転職するメリット・デメリット

 

看護師が転職先を探し方法には様々な方法があります。
その中にナースセンターで求人情報を探すという手段があります。

今回は看護師がナースセンターで転職するメリットとデメリットについて解説します。

 

ナースセンターとは

 

ナースセンターとは、都道府県の看護協会が運営している無料職業紹介事業のことです。

看護師向けのハローワークみたいなものです。

 

特徴としては、中小規模の病院や診療所の求人が多いことです。

ナースセンターは人材紹介に手数料が発生しないため、人材確保に予算を使えない医療機関に好まれます。

そのため、大規模な病院や予算があるのでいくらか予算をかけてでもいい人材を獲得するために、看護師転職サイトなどの民間の人材紹介を利用していることが多いです。

 

ナースセンターで転職するメリット

ナースセンターはコンサルタントは看護師なので安心感があります。

看護師の仕事に対して理解があるので、希望にあった案件をもらえる確率が高いです。

また、運営が地方自治体で紹介料や手数料が発生しないことから、医療機関も求人にお金を払っていません。

そのため、紹介する側も贔屓することなくフラットな視線で紹介してくれます。

最大のメリットは、再就業支援研修というもので、一時的に現場を離れていたブランクのある看護師や、資格を持っているけど臨床経験のない看護師は、基本的な技術や最新の看護知識などの研修を、各都道府県内の医療施設で受けられます。

 

ナースセンターで転職するデメリット

看護師転職サイトと比べてしまうと、圧倒的に求人の数や、情報が少ないです。そのため紹介してもナースセンターの利益にならないのでコンサルタントのモチベーションが上がらない可能性があります。

民間の転職サイトの方が求人の数が多く、その労働条件などの情報も多いです。

また、転職サイトでは人材を紹介して内定したら医療機関から報酬が発生するため、就職を決めてもらうために最大限のサポートをしてくれます。

そのサポートの一つとして、労働条件の交渉などありますが、ナースセンターでは行ってくれません。

つまりサービスが悪いのです。

就職するまでの一切のことは自分でやらないといけないため、不安になってしまうかもしれません。

 

ナースセンターの営業時間は平日の9時から17時で土日も利用できるところはほとんどありません。

登録に看護師免許番号まで入力しなければいけないことや、検索機能も看護師転職サイトに比べると使いかって悪いため効率が悪いです。

働きながら転職先を探している人には非常に不便です。

また、ナースセンターではインターネットで紹介依頼すると紹介状の発行まで一週間ほどかかってしましますので、急いで転職していという人には不便です。

直接ナースセンターに足を運んで紹介状を発行してもらうことも、もちろんできますが営業時間が限られていますのでその時間に行けないという場合があります。

なので総じてデメリットの方が大きいです。

 

まとめ

ナースセンターは地方自治体が運営していて、コンサルタントも看護師なので安心感がありますが、求人情報が少なかったり、転職までのサポートをしてくれないなどデメリットが多いです。

このデメリットは看護師の転職サイトでほぼまかなえます。

求人を出す側は資金がかかり、民間の転職サイトは採用が決まれば報酬がもらえますので全力でサポートしてくれます。

ですが看護師がそれを利用するのには一切お金がかかりません。

転職サイトによっては、祝金として逆にお金をもらえる場合があります。

 

また、転職成功率を上げるには、この転職サイトに最低でも3つ以上、複数登録することをお勧めします。

完全に無料なので利用してみてはいかがでしょうか?

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5