看護師転職

50代看護師の転職メリット・デメリット

 

50代看護師は看護師長などの管理職についている看護師が多いですが、まだまだ現場で患者さんのケアをしている看護師もいます。

後輩の看護師などスタッフから大ベテランとしてたよりにされていますが、その50代看護師の転職のメリットとデメリットについて解説します。

 

50代看護師転職のメリット

50代は転職には厳しい年代ですが、看護師の場合では比較的に転職の成功率は高いですです。

それは看護師は専門性が高い仕事であり、経験や技術、知識が頼りにされるからです。なので即戦力として扱われるでしょう。

訪問介護や介護士施設などの看護師の判断が問われることもある職場ではそのいままで培ってきた経験を活かせられるので、50代看護師は適した職場だと言えます。

介護施設や有料老人ホームへの転職はこの年代が最も適しているでしょう。

 

50代看護師のデメリット

50代看護師の転職のデメリットは、採用されにくいところにあります。

看護師という仕事は慢性的に人手不足が続いていますが、それでも求人には40歳までというところも多いです。

それは体力的な面や、長期間働いてほしいという理由からです。

以上の理由から具体的な年齢が書いてなくても、比較的に若い看護師と比べられたらそちらを選ぶ可能性の方が高いです。

同じような分野での転職は厳しいと思いますので、その場合は介護施設など違う分野への転職を考えてみるといいでしょう。

また、転職をすると年収が下がる可能性があります。

転職すると勤続年数がリセットされていまいますので、年収や退職金が下がってしまします。

しかし看護師の仕事なので生活に困るような収入にはなりません。

職場の人間関係もリセットされるのでまた一から信頼を築いていかないといけないです。これは人間関係に疲れていた人はメリットという風に考える方もいるかもしれませんね。

看護師の仕事はチームワークが大事なので、人間関係が重要なのは長年の経験からわかると思います。

年下の先輩がいるので相手からも50代の後輩ができると色々と気を使うかもしれませんし、気を使わせてしまうかもしれません。

新しい職場に転職した後はその職場に慣れるしかないのですが、それができない可能性もあります。

診療科は同じでも病院によってはやり方が違ってきますし、前の職場の癖が抜けないこともあるでしょう。20代など若い頃は新しい環境でも慣れやすいですが50代になると慣れにくいものです。

 

まとめ

看護師が人手不足なので50代でも転職が可能な看護師ですが、ベテランの即戦力として扱われますが、いままで培ってきた経験が逆に仇になって、その職場に慣れないかもしれません。

いっそのこと違う分野に挑戦することやキャリアアップを目指しても大丈夫です。

介護施設や有料老人ホームなら病状の落ち着いた年配の人の健康管理が仕事になりますから、顔色の変化などですぐに判断できたりと活躍できるでしょう。

転職をするときは看護師の転職サイトを活用することをお勧めします。

転職サイトの担当者に相談すればあなたにとっていい職場を探してくれますし、転職を成功させるためのアドバイスをしてくれます。

また転職サイトにはハローワークなどの一般には乗っていない求人情報が様々な転職サイトに多数あります。そのか使っている求人は転職サイトによって違う場合があります。そのため最低でも3つの転職サイトを活用させることをお勧めします。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5