看護師転職

40代看護師の転職メリット・デメリット

 

40代看護師は重人の経験を積んでしっかりとベテランになった看護師です。40代看護師の転職では年齢が関係してきますが、この年代で転職する人も少なくありません。

看護師長などの管理職を任されている方もいるかもしれません。

そんな40代看護師の転職にはスキルを持った看護師が求められます。

今回は40代看護師の転職のメリットとデメリットについて解説します。

 

40代看護師の転職のメリット

40代看護師は経験豊富なベテランな看護師なので、人間関係の構築の仕方も知り得てるので順応に対応できます。

専門性が強いところへ転職したとしても基本がしっかりしているので1ヶ月もすれば慣れてしまうでしょう。

また、同じ40代クラスでは同年代の看護師長多いので、上司に対してちょっとやそっとじゃ物怖じしない年代でもあります。堂々と仕事ができるのがこの年代の強みでしょう。

40代看護師は子育てがひと段落する人も多いです。

目が離せないような小さな子供がいるほうが逆に少なくいので、これを機に夜勤に復帰をするという看護師も少なくありません。

看護師の年収は夜勤があるかないかでだけでも大きく変わってきますので、夜勤にを行うことで収入アップを狙うということも強みです。

また、40代看護師介護施設や訪問介護への転職がしやすい時期でもあります。

これらは看護師の判断を求められるケースがあるので、経験豊富なベテラン看護師は歓迎されます。
経験の浅い新人ではできないようなことが多いので、ある程度の臨床経験採用されにくいです。

訪問介護は気軽に仕事ができるという点では看護師にとって人気の仕事で、介護施設や有料老人ホームは収入も多いことからこちらも人気の職場になります。

 

40代看護師のデメリット

身体の衰えがあることです。
看護師はハードな仕事が多いので20代のような若い時と比べてしまうと体力は下がっています。

転職先での仕事では初めから容量を良く働くことは難しいかもしれませんので、慣れない仕事で苦労して疲れが多く出てしまうこともあるでしょう。

ある程度は経験でカバーできるかもしれませんが、体がしんどいと感じたら夜勤のない職場か比較的楽な仕事のクリニックなどに転職するといいでしょう。

もう一つのデメリットは年齢制限で正職員として転職できない場合があることです。

経験豊富なベテランの看護師でもあっても、病院の規定が35歳までというところも多いので、その場合は契約看護師になってしまいます。特に夜勤がる病棟などはそのようなケースがあります。

そうなると仕事の幅が狭くなってしまうので早めに転職をすればよかったと後悔してしまうかもしれません。

しかしそうはいっても実年齢を若返らせることはできないのでしっかりと40代看護師にあった職場を選ぶといいでしょう。

透析クリニックは準夜勤を行なっているところもあるので、手当により収入が上がることもあります。

また、40代看護師は子育てなどのでブランクがある人も多いです。

普通の転職とは違ってきますので、身体に無理をし肉体的にも精神的にも疲れるような職場へ復帰するのではなく、自分のライフスタイルにあった職場へ転職するほうがいい傾向にあります。

転職サイトに登録して相談すればこのようなデメリットも解決できるでしょう。

担当者があなたにあった仕事環境の求人を紹介してくれますし、面接などの対策も考えてくてるでしょう。

また、転職を成功させるには最低でも3つの転職サイトをこ厚葉させることがポイントです。

扱っている求人が違いますし、必ずしもいい担当者に巡り会えるとも限りません。

 

まとめ

40代看護師は経験豊富なベテランとして転職することが多いのでスキルが求められます。

管理職として経験している人もいたり、子育てがひと段落している人もいますが、転職には自分のライフスタイルにあったところへ転職することがベストだと思います。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5