看護師転職

30代後半看護師の転職メリット・デメリット

 

30代後半看護師は人生に転機を迎えて仕事やプライベートが充実している時期でもあります。この時の転職も即戦力として扱われることや役職をもらっていたりキャリアアップした状態での転職をすることも多いでしょう。

20代で看護師になっていれば、中堅になって責任がある立場が求められます。

今回は30代後半看護師の転職のメリットとデメリットについて解説します。

 

30代後半看護師の転職のメリット

30代後半看護師は経験が豊富で即そん力として採用されるケースが多いことから、年収アップを期待できます。

多くの病院では慢性的に看護師が不足しているので、貴重な人材は少し多くの給料を払ってでもやというたいものです。そのため、年収をアップする目的で転職する看護師も少なくありません。

管理職を目指せる年代でもあるので転職を機に道が開けることもあるでしょう。

世間一般的には30代後半の転職は遅いとされていますが、看護師は定年まで働く人が多いのでそのようなことはありません。

また30代後半看護師の多くは結婚や出産で退職している人も多いのですが、ある程度子供が大きくなっていて再び働きに出るという人も多いです。その場合再び出産や子育てで長期休暇をとるという可能性が低いので採用をされやすくなります。

転職のもう一つのメリットとしては人間関係をリセットできることです。

同期が次々に辞めていったり、下からの圧力や上からの圧力などの板挟みになりストレスが貯まることも多いでしょう、

そのため、前向きに一度人間関係をリセットして転職先でフレッシュな気分で新たに人間関係を構築できるのも強みです。

30代後半看護師の転職のデメリット

30代後半看護師のデメリットとしては、個人の実力が大事になってくるということです。

即戦力として期待されて採用されるだけに、今までの経験をそんなに積んでいなくて知識が乏しかったら苦労してしまうでしょう。

また、子育てでブランクがあるので転職の際には自分ができる分野や、ブランクがあること、またはその期間勉強していたことなどアピールするといいでしょう。

まだまだ家庭との両立が難しい年代でもありますので、ある程度子供が成長していると言っても苦労することはありますし、自由にならないこともあるでしょう。

夜勤や残業が難しいこともありますのである程度の配慮をしてくれる病院へ転職したほうがいいでしょう。

30代後半看護師は採用されても契約看護師という扱いになってしまう可能性があります。医療機関によっては正職員として採用するのは35歳までというところもあります。

契約看護師の場合は待遇が違ったり、退職金の金額が違うということもあります。

転職する場合は正職員の扱いで採用してくれるところや、ブランクがある場合は再教育してくれるところなどを選んだ方がいいでしょう。

おすすめ転職方法

転職するには無理をするような環境のところに行くよりもあなたのライフスタイルにあった方法での転職が一番いいです。

その際には転職サイトを活用すればアドバイザーが適した職場を教えてくれて、転職のためのアドバイスなどしてくれますので色々と便利です。

また、成功確率を上げるには転職サイトを最低でも3つ以上活用させることをお勧めします。

人間には合う合わないがありますので担当のアドバイザーが必ずしもいい人に巡り会うとは限りません。それに転職サイトによっては扱っている求人の数も違ってくるのでいい転職先を見つけやすくなります。

まとめ

30代後半看護師は仕事とプライベートが充実している、または充実させたいと思っている人が多い年代であります。
子育てがひと段落していたりする人も多くブランクがあるかもしれませんが転職、または再就職ができないということはありませんので転職サイトを活用して、いい職場を探すといいでしょう。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5