看護師転職

20代後半看護師の転職メリット・デメリット

 

20代後半看護師は転職市場で一番陰気な時期です。基本的にはどの職場でも引く手数多になります。

そのため、今自分がどの分野で仕事をして行くのか明確に決めないといけない時期でもあります。

20代後半看護師はまだまだチャンスはある年代ですが、早い内からキャリアアップやスキルアップのことを考えてもいいでしょう。

 

POINT!!転職はどの職種でも早い方が有利なのは変わりません

一番が早く自分に合った職場を見つけそこで経験を積み上げたほうが結果的にはライフワークも上手くいくと言えます。

 

20代後半看護師の転職メリット

20代後半看護師の転職のメリットは、比較的どの職場でも採用されやすいということです。

そこそこ経験も積んでいるため一通りの業務をこなすことができますから、転職先では即戦力として扱われます。

また、病棟での経験が豊富な20代後半看護師はどの職場でも採用されやすいですが、訪問介護や介護施設などは看護師の判断が問われる場面があるところは見送られてしまう場合もあります。

20代後半看護師が軽々んしてきたことをずっとやって行くとは限りません。ある程度経験したら自分が進みたい道が見えてくるので考え始めるのもいいでしょう。

認定看護師や専門看護師など目指してキャリアアップを狙う看護師も少なくありません。そのために転職するのもいい時期です。

20代後半看護師の転職では年収アップを狙います。

即戦力として期待ができるのとこれからの伸び代を考慮した上で採用されやすく、元の病院の給料にもよりますが、年収アップに成功している看護師が多いです。

しかし20代後半看護師は仕事以外にも結婚や出産などプライベートな理由も増えてくるので、年収アップのためではなく自分にとっていい環境で選んだ方が無難です。

 

20代後半看護師の転職デメリット

20代後半看護師の転職のデメリットはあえていうのなら退職金をもらえる額が減るくらいです。

退職金の算出は基本給と勤続年数によるところが多いので、そのことから見て少なくなるということになります。

転職により年収がアップすればその分も十分カバーできますので問題ないです。

それ以外のデメリットとしては、即戦力として採用されることから、そのプレッシャーを感じてしまうところにあります。

人間関係も大事になってくるので気を敷きしめたいですね。

 

20代後半看護師が転職するには

どの職場でも引く手数多な20代後半看護師は転職しやすい時期ですが、自分の道をしっかりと見極めないといけないですね。

キャリアアップやスキルアップを狙うのもいいでしょう。

結婚や出産、子育ても関係してくる年代なのでライフスタイルにあった転職をすることが望ましいです。

そのためには転職サイトを活用することをお勧めします。

転職サイトではハローワークなどに載っていないクローズドな求人情報がありますし、担当者に相談すればあなたにあった求人を紹介してくれます。

しかし、その担当者がいい人に巡り会うとは限らないのと、求人情報は転職サイトによって違うので転職サイトは最低でも3つは活用させることをお勧めします。

気をつけること

なるべくチャンスは多くあった方が良いです。

選択肢は多いほうがより良いものを選びやすくなるので、看護師転職も上手くやるには選択肢を増やしておくこと(準備)は大事なことです。

 

まとめ

20代後半看護師の転職はメリットが大きくてデメリットは少ない時期です。

今のうちに自分が進みたい分野や、そのためのキャリアアップなど視野に入れて転職活動をして見てはいかがでしょうか。

-看護師転職

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5