看護師転職

20代前半看護師の転職へのメリット・デメリット

 

20代前半の看護師が転職にはメリットとデメリットがあります。
基本的にはこの時期に転職することはまだ早いという考え方のほとが多いため、引き止められることもあるでしょう。

雇う側としては若いうちからじっくりと育てて、できるだけ長い期間働いてほしいと思うからです。

では20代前半の看護師のメリットとデメリットについて解説します。

 

20代前半の看護師転職のメリット

20代前半の看護師が転職するメリットは、これからの看護師人生やキャリアアップやスキルアップのために早めに方向転換できることです。

看護師はなる前の勉強より、なってからの勉強の方が重要です。

そのため、自分にあった環境で仕事をするということはそのための近道になります。

また、20代前半の看護師は転職しやすいです。
若さや可能性を雇う側からかわれて、採用されやすいでしょう。

なので自分が希望とする部署に転職がしやすい傾向になります。

病院側も経験者として扱わなくて、まっさらな新人として扱ってくれると思いますので、仕事に対してプレッシャーがそこまで大きくなく、精神的には楽に仕事ができます。

病院側も若い看護師を採用したい傾向になあるところもあります。

ある程度経験を積んでいて、固定概念が強くなってしまっていることよりも、一から教えてその病院のスタイルに染める方が楽な場合があるからです。

教育体制がしっかりしている病院なら、20代前半の看護師は安心して成長に期待できますし、自身のキャリアアップやスキルアップも見えてくるでしょう。

 

20代前半の看護師転職のいデメリット

20代前半の看護師の転職のデメリットは経験が少なすぎることです。

まだ働いてから2年目や3年目はまだ新人として扱われることからもあり、その経験が少ないので転職先の病院で役に立たないかもしれません。

自分では教育は十分と思っていても病院側はそうは思ってくれないので新人として扱われることは覚悟しておきましょう。

そこでままた基礎をしっかり学んで固めて成長していくことで上を目指してください。

また、20代前半の看護師では経験の浅さから転職できない分野もあります。

訪問看護や開府後施設などは看護師の判断が問われる場面がありますので、経験の浅い看護師では対処できないと判断されてしまいます。

まだ若いうちは可能性も大きいですが、経験の浅さから選択肢が減ることを頭に入れておきましょう。

ちなみに20代前半の看護の転職では、またすぐやめるかもと思われてしまうリスクもあるのでそこは承知して、続ける意志を明確に伝えましょう。

 

まとめ

人間関係が嫌だとか、ハードな仕事が辛いからという理由で転職することが20代前半の看護師では多いですが、このようなメリットとデメリットがあります。

人間関係はまた新しく作っていかないといけないですし、仕事もゆるくなるとは限りません。

しかし大事なのは転職を逃げにしないで前向きに進んでいくと捉えることです。

自分自身が仕事へ対して意思を固めて、やりたいこと、成し遂げていことを明確にして転職することが重要になります。

転職することで状況が何もかも好転するとは限りません。

これからどうなるかは全てあなた次第ということをどうかお忘れなきようお願いします。

また、転職を確実に成功させるためには転職サイトの活用をお勧めします。

転職サイトのアドバイザーがあなたにあった転職先を紹介してくれますし、面接などの対策も教えてくれるでしょう。

より確実に成功させるためにはさいて3っつは登録することをお勧めします。扱っている求人が違いますし、必ずしもいい担当者に巡り会えるとも限らないですからね。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5