看護師転職

夜勤がある常勤の看護師求人を探すには

 

夜勤がある病院での看護師の求人を探すときに重要なのは夜勤手当の金額や体制です。

一般的に夜勤の数は月に8回ですが、これは務める病院によって様々なので転職前に確認した方がいいですね。

今回は夜勤がある常勤の看護師求人を探す上でメリットとデメリット、注意点について解説します。

 

 

夜勤がある常勤看護師のメリット

 

夜勤がある病院へ常勤での就職のメリットは何と言っても収入の安定性です。

夜勤には夜勤手当がつきますので、収入が多くなります。

 

常勤は一般企業の正社員と同じ扱いなので、福利厚生も受けられ、ボーナスもあり、看護師寮などの利用も可能になります。

年収も500万円を上回る人が多いので生活面にゆとりができます。

 

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

 

夜勤がある常勤看護師のデメリット

 

夜勤があるので収入が多くなるメリットがありますが、その代わり体力的にハードになることがデメリットです。

寝る時間はバラバラで肌の漁師が悪くなることや、日勤もこなさないといけないので疲れが溜まりやすいのでその不安定な生活バランスになり、体調を崩してしまう看護師も少なくないです。

 

若いときにはこのようなハードな勤務を耐えられるだけの体力はありますが、年を重ねていくと
体力が落ちてしまい、より仕事がハードになってしまうこともあるでしょう。

そのため、夜勤のない病院へ転職する看護師も少なくないです。

 

 

夜勤がある常勤へ転職の注意点

夜勤がある常勤への転職の注意点は夜勤手当の金額が病院によって違うというところです。

 

一般的に5000円から20000円とされていますが、もし他の病院で1万円も違うとなったら月収は8万円も違いますし、年収では100万円くらい違ってきますのでしっかりと確認したいポイントです。

 

また、シフト制がどのようになっているのかや、夜勤は何時から何時まで何人で行うのか、日勤との兼ね合いはどうなってくるのかなど、業務について具体的に知っておいた方がいいです。

 

また、教育体制がしっかりしているのか、今後キャリアアップを狙うのならそのサポートをしてくれるのかなど看護師のスキルアップに関わることも注意した方がいいです。

 

このようなことを事前に詳しく調べるなら、無料で利用できる看護師の転職サイトを利用することをオススメします。

転職サイトにはハローワークに乗っていないクローズドな求人があったり、転職を希望する病院に詳しかったりして色々な情報をくれるでしょう。

また、転職するためのPR法や面接のアドバイスもしてくれるので非常に頼りになります

 

 

まとめ

看護師が夜勤のある常勤の病院への転職は夜勤手当の金額や業務内容多態性で選ぶといいでしょう。

多少厳しくてもお金を稼ぐために働くのか。体に無理させないために仕事内容がハードでないところを選ぶのか、キャリアアップやスキルアップを狙って教育体制がしっかりしているところを選ぶのかはあなた次第です。

 

迷ったら転職サイトの担当者に相談して見ましょう、あなたにあった最適な求人を見つけてくれるはずです。

また、このような転職支援サイトを活用して転職を成功させるなら最低でも3つは登録しておいた方がいいです。

サイトによって扱っている求人は違いますし、いいアドバイザーに巡り会えるとも限りません。

どれも無料で利用できるので活用して見てください。

 

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5