看護師のキャリアアップ

50代看護師のキャリアアップについて

 

50代看護師は長年病院へ勤めているのでベテランとして扱われていてすでに主任や看護師長などの役職についている方もいます。

しかし全ての看護師がなれるわけではありませんね。

そのため50代でもキャリアアップを狙う看護師は少なくありません。

しかし、この場合は主任や看護師長を目指すよりは違う方法でキャリアアップを狙ったほうがいいでしょう。

 

認定看護師や専門看護師になる

看護師としてキャリアアップするためには高度な資格を取得するという方法が主ですが、この年代では新しいことを覚えることが苦手になっていて勉強には苦労をするかもしれません。
そのため今の分野ぼ延長上にある資格を取得することが近道になります。

資格取得には年齢制限はないので、キャリアアップをしたいという気持ちが強くて諦めなければ取得は可能です。

しかし専門看護師は大学院の修士課程を修了していることが条件になるため、厳しい状況でもあります。

資格は看護師以外のものを所得するという方法があります。

例えば介護士や助産師、保健師、救急救命士などの分野です。看護師であるならこのような分野の資格取得は比較的に容易にできます。

この資格を取得すれば転職で給料が上がるということもあるでしょう。

 

キャリアアップを考えたら

キャリアップを考えたら同僚に相談することもいいですが、転職サイトを活用するのもいいでしょう。
転職サイトの担当者が一緒にキャリアアップについて考えてくれます。
キャリアアップに転職が必要であるなら相応しい病院を紹介してくれたり至れり尽くせりです。
転職サイトの活用のコツは最低でも三つ以上は登録することです。

転職サイトによっては扱っている求人が違ってくる場合がありますし、必ずいい担当者に出会えるとh限りません。

一つの転職サイトで失敗して諦めるよりかは複数のサイトで成功率をあげたほうがキャリアアップできる確率も上がります。

そして専門知識を持った担当者からキャリアアップを考えた転職プランを紹介してもらいましょう。

 

まとめ

50代看護師は定年退職という文字も見えてくる年代ですが、諦めなければキャリアアップは狙えます。
その際は転職サイトを利用したほうがスムーズに行えるのでぜひ参考にしてみてください。

-看護師のキャリアアップ

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5