看護師転職

30代後半の看護師のキャリアアップについて

 

30代後半がキャリアアップを狙うのは、他の業界では遅いと言われてしまいます。

しかし看護師の業界では決して遅くないです。

看護師の場合はそも素看護師自体が少ないという理由もありますが、専門性が高いのでキャリアアップした看護師は業界に必要な存在になります。

看護師の場合は定年まで働く人も多いので専門看護師や認定看護師は重宝されますので、新しい分野にチャレンジするのにまだ遅くはありません。

様々な経験を積んでジェネラリストを目指しても、その後その経験が他の分野でも役に立ちますので積極的に狙ってもいいでしょう。

 

専門分野へ進む

30代後半の看護師は経験を多く積んでいるので、その経験から次のステップへ進む看護師も多いです。

専門看護師や認定看護師になってその分野のスペシャリストになればその分野では貴重な存在になり信用度も高まります。

資格を取るのは大変ですが、専門看護師や認定看護師が多く在籍する病院では、資格取得にシフトを考慮してくれたり、休職扱いにしてくれるなどサポートをしてくれるところもあります。

 

30代後半の看護師が目指すなら

助産師や介護士やケアマネージャーの資格を取り、その道へ進んで行くという看護師もいます。

また看護士の看護師長などの管理職を目指すという人もいます。

管理職は大変ですがやりがいがある仕事でもあります。

 

転職でキャリアアップ

30代後半の看護師でキャリアアップのために転職をする看護師も少なくありません。

自分が進みたい道をしっかりと見極めて、それに転職が必要の場合があります。

転職の場合は転職サイトを活用した方がいいです。

看護師の転職サイトはハローワークには乗っていない求人が多くあり、担当者が親切丁寧に相談に乗ってくれます。

自分が進みたい道を話すとそうなるためにはどの病院に行けばいいか、またsの病院の雰囲気なども教えてくれて転職するためのアドバイスをしてくれます。

転職後も、もしも雇用契約と違うことがあり、辞めたくなったら退職の相談にも乗ってくれることもあります。

転職サイトを活用するポイントは最低でも3つ以上利用することです。

転職サイトによって扱っている求人情報が違ってきますし、担当者が不甲斐ない場合もありますの絵で、成功確率をあげるのなら複数の転職サイトに登録することをお勧めします。

 

まとめ

30代後半のキャリアアップは他分野に携わるジェネラリストを目指したり、専門看護師や認定看護師になるために資格を取ることが望ましいです。

この年代でのキャリアアップは遅いというわけではないので、決めたら突き進んで行きましょう。

また、キャリアアップに転職が必要ならば転職サイトを活用することをお勧めします。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5