看護師転職

介護施設で看護師が転職するメリット・デメリット

 

病院等は異なる介護施設の勤務に興味がある人も多いですね。

看護師を志す看護学校に在学中から将来は介護施設の看護師になりたいと言っている人もいます。

多くの看護師は新卒では大学病院か総合病院に行くため、介護施設に就職する時は転職する形となるでしょう。

では看護師が介護施設に転職するメリットとデメリットについて知っておきましょう。

 

介護施設に転職するメリット

 

介護施設に転職するメリットを紹介します。

まずは良いところをチェックしておきましょう。

 

夜勤がない職場が多い

介護施設は夜勤がないところが多いため、勤務時間が短い傾向がります。

オンコールなどがあるところもありますが、数は少ないです。

そのため、体調管理もしやすく、自分の時間を多く作れます。

なので家庭を持つ看護師や小さな子供がいても安心して働けるところでもあります。

 

介護のスキルが伸ばせる

これからますます高齢化社会に進む時代なので介護のスキルを持てば強くなれます。

そのスキルは介護施設で働けば伸ばせることができます。

ここでスキルを磨いておけば今後他の病院で働くときに重宝されますし、自分の身内が介護が必要になった時に役立ちます。

 

コミュニケーション能力が上がる

介護施設は少数の医療従事者と介護士などのケアスタッフで構成されていますので他の職種の人と協力しなけらばいけません。

そのため人間関係が大事になってきますから、コミュニケーション能力を上げないといけないですし、自然と上がってきます。

ケアスタッフの方が患者と接する時間が長く、変化に気づきやすいので積極的に交流して情報を共有した方がいいです。

 

ブランク後の復帰がしやすい

介護施設の勤務は基本的な看護業務ができていていれば問題ないので、出産や育児などで現場を離れた後の復帰でブランクがあっても大丈夫です。

実際に介護施設で働いてる看護師の多くは子育てがひと段落している40代〜50代が多いです。

 

介護施設に転職するデメリット

 

介護施設に転職するデメリットを解説します。

あらかじめデメリットを知っておけば後で後悔することは無くなりません。

 

緊急時は看護師が対応

介護施設の緊急時は必ずしも医師と連絡が取れるわけではないので看護師の判断が必要になります。

高度な医療機器がないことから応急処置や施設にあるものの利用しかできません。

判断力が大事になりますが、責任が重く感じてしまうでしょう。

 

給料が下がることが多い

介護施設の給料は残業や夜勤が少ないことから一般的な病院と比べて給料が少なくなってしまうことが多いです。

年収はだいたい平均から50万円ほど下がると思っておいたほうがいいです。

お金のために仕事をしているわけではないと重ますが、お金は大事なので頭にいれておいてください。

 

人間関係に疲れるかも

他の職種のスタッフとのコミュニケションが豊富に萎えいますがそれゆえ人間関係が大切になってきます。

そのため色々と気疲れしてしまうかもしれません。

 

まとめ

介護施設の看護師の転職はメリットもありますがデメリットももちろんあります。

ここで大事なのは自分にあっているかということですのでしっかりと考えていきましょう。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5