看護師転職

【私の体験談】クリニック全般で看護師が転職する上であるメリット・デメリット

 

私が学生時代にクリニック全般へ仕事のイメージは楽そうとか緩そうでした。

卒業して国家試験に合格して、就職は大学病院か総合病院に行くのが当たり前で厳しい環境で頑張るのが普通だ。

 

クリニック全般に行くのは逃げだとか、大学病院や総合病院でやっていけない人が行くところだと学生時代の周りにいた連中はそう言っていました。

本当にそうでしょうか?

 

どの職場にもメリットとデメリットは存在します。

今回はクリニックに転職する看護師のメリットやデメリットについて解説します。

 

クリニックの特徴

クリニックの特徴としてはスタッフが少人数であることです。

また、基本的には入院がありませんので、深夜帯の勤務やオンコールの呼び出しもないのです。入院施設があっても大学病院や総合病院に比べて圧倒的に病床数が少ないので当然スタッフの人数も少なくなります。

 

クリニック全般のほとんどは院長が経営方針を握っていますので、急にルールが変わることがあります。

患者さんのクレームやインシデントにより対策されていき、より良い病院づくりをしていきます。

 

つまり、残業の有無も福利厚生も病院の雰囲気も全ては院長次第ということになります。

 

クリニック転職のデメリット

肉体的にも精神的にも楽になるところが多いクリニックですが、そのデメリットを見ていきましょう。

 

1.忙しい時間と暇な時間の差が激しい

先ほども伝えたように忙しい時と暇な時の差があります。透析クリニックの場合はその時間がだいたい決まっていますが、他のクリニックの場合1日に来院すす患者さんの人数がわからないので急に来院が多くなるときもあれば、全然こないという日もあります。

 

予約制のところでも駆け込みで来る場合がありますので、急に忙しくなるときがあります。

しかし、暇な時はとことん暇になりますし、常勤の場合はそれでも満額の給料をもらえますのでその日はラッキーって思うかもしれませんね。

 

2.人間関係が大切になる

クリニックのスタッフの人数は少ないので、部署の変更も基本的にはないことから人間関係が大切になります。

そのため、嫌なスタッフともほぼ毎日顔を合わせないといけません。

 

人数が少ない分助け合って仕事をこなてていくことから、仕事の効率性が上がり、スムーズに仕事ができるようになります。

それでもやはり人間なので苦手なスタッフはでるかもしれません。

これは同じ看護師だけではなく、例えば透析クリニックの臨床工学技士や臨床検査技師や、違う職種の人ということもあります。

 

3.雑務が多い

これが本当に看護師の仕事なのかという雑務があります。

クリニック内の清掃もそうですが、他にも物品の発注や医療機器の消毒など行うところもあります。

 

人数が限られているので仕方のないことかもしれません。

私が務めていた透析クリニックの看護士さんは係りが決められていて、特にパソコン係というものを嫌がっていました。

係りではなくてもパソコンにデータを入力することがあり、その時にエラーが起きたら慌てていました。

 

当時は私が対処することが多かったのですが、パソコンに対してそれなりに詳しい人がいない場合は苦労するかもしれません。

こればかりは事前に把握できないかもしれません。

 

デメリットへのアドバイス

クリニックのデメリットは忙しい時と暇な時の差が激しいことと、人間関係が大切になること、看護師の仕事ではないと思えるような雑務が多いことと紹介させていただきました。

このメリットとデメリットを比べて自分にとって仕事がしやすいと思える施設を選ぶことが転職への成功へ繋がると思いますので参考にして見てください。

転職サイトを活用すれば気になる施設の詳しいことが聞けると思いますので是非活用して見てください。

 

クリニック全般の転職のメリット

クリニックで働くメリットはなんでしょうか。
何もだ額病院や総合病院で働くことだけがキャリアではありません。

 

私は臨床工学技士として透析クリニックに務めていましたが、様々な施設から転職のお声かけをいただきました。

大学病院の腎臓内科だけでなく、循環器系の分野に携わる人や、総合病院からもです。

 

どの施設でも真剣に向き合っていればキャリアアップは可能です。

では看護師さんにはどのようなメリットがあるのか気になりますね。

 

1.時間拘束が少ない

個人経営のクリニック全般の院長は、残業を嫌うところが多いです。

それはスタッフの健康面などを気を使っているのもありますが、単純に経費削減のため残業代を支払いたくないからという理由もあります。

 

そのため、定時で帰れるところが多いので体への負担がかからなくなります。

私がが務めていたクリニックは、定時前にはもう着替え終わっていて、時間ぴったりに帰宅を開始していました。

 

2.休みが取れる

クリニックの休みは病院の休みになる平日の1日と、日曜日や祝祭日のところもあれば、シフト制で週に2日休みを取れるところがあります。

ゴールデンウィークが存在するクリニックもありますので、子供や家族がいる人には人気のある職場になります。

 

基本的には完全週休二日制なのでスケジュール管理がしやすいです。

シフト制のところでは夏季休暇などは期間内に好きなところに入れていいというところもあり、他のスタッフと確認しあって調整して連休が取れます。

中には9連休を取る人もいました。

 

他のスタッフも同じようなことをしているので自分も気兼ねなくできるんですね。

 

3.仕事量の割には給料が多い

大学病院や総合病院と比べると残業などもないことも理由になりますが仕事量は少ないです。

なので残業や夜勤のある病院に比べれば給料は必然的に下がってしまいます。

 

それでも医療の質が高かったり、人気があって利益のあるクリニック全般はその利益をスタッフに反映してくれるところも多いです。

これは美容外科とかレーシック専門のクリニックなどです。

 

透析クリニックによっても仕事終の透析患者さんのための準夜勤があるところでは手当がつきますのでその分もらえる給料が多くなります。

給料を多く稼擬態から毎回準夜勤にして欲しいと頼んでいる看護師さんもいました。

 

まとめ

クリニック全般の大きなメリットはやはり時間拘束の少なさと休みでなないでしょうか。

基本的に残業がないので自由な時間が増えますね。

クリニックのよっては仕事量の割に給料が多いところもありますので、しっかりと吟味して転職を考えてみるほうが良いです。

-看護師転職

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5