看護師転職

総合病院に看護師転職を行うメリットデメリット

 

病院に就職といえば総合病院か大学病院というイメージがすぐにできるので、一度は総合病院に就職して働くことに憧れた人もいるのではないでしょうか。

またはいくつかの病院を回った後に、やっぱり総合病院の勤務がいいという人もいるみたいですね。

 

総合病院というのは病床数が100以上あり、通院や入院が可能な設備と医療者を有する施設のことで、内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を含む主要診療科を含む病院で、検査機器み豊富なので生ざまな検査が受けられます。

地域密着で地元の人から頼りにされる病院ですね。

今回はそんな総合病院で働くメリットとデメリットについて解説します。

 

総合病院に転職するメリット

創業病院で働くメリットについて解説します。

1.教育体制が整っているてキャリアアップできる

総合病院が看護学校の実習先として指定されている病院が多いので、教育体制がしっかりしているところが多いです。

院内研修や勉強会などを活用してキャリアアップを目指す看護師も多いです。

幅広い臨床経験を積むことができることも総合病院で働くことのメリットと言えるでしょう。

 

2.福利厚生が優れている

総合病院は規模や地域にもよりますが、クリニックなどに比べて福利厚生が優れているところが多いです。

保管や年金、財形貯蓄や旅行積立など職員に対して生活が安定するようにしてくれるので安心して働くことができます。

院内に専用の保育所の設置をされているところもあったり、寮に住むことができたり、補助金を受け取ることができるなど病院によって様々なサポートがあります。

 

総合病院に転職するデメリット

総合病院で働くにはメリットが起きいです。
しかしそれでもデメリットもあることは承知しておきましょう。

 

1.残業や夜勤が多い

総合病院に転職した場合は病棟に配属されることが多いです。そのため、残業や夜勤が多くなってしまいます。

勤務する病院は同じでも、診療科によっては残業や夜勤の頻度が違うので、転職前に確認しておくのがいいかもしれません。

 

2.勉強会が多いため帰宅が遅くなる

総合病院では勉強会でキャリアアップなどを狙えますが、それは勤務の時間外に開催されるものが多いです。勤務時間内に院内で勉強会を開いてくれるところもありますが、ほとんどが勤務時間外だと思っていてください。

たとえ勤務時間内だとしても、その日の仕事がなくなるわけではないので、終わった後に残務整理を行わないといけません。

そのため、帰宅時間が遅くなってしまいます。

 

3.患者さんの急変や死に直面することも

総合郷病院では急性期の患者さんが入院しているとこが多く、治療後は早期退院を目指していますが、病状が安定しない患者さんも多く、夜間の呼び出しや緊急手術ということもあります。

急変から回復できないケースもあるため、死に向かう患者さんを前にして精神的苦痛を感じ、責任を重く感じてしまう看護師さんもいます。

 

まとめ

総合病院の転職は教育制度がしっかりしていて、多くの臨床経験を積むことができるので確実なキャリアアップとスキルアップをすることができます。

病院はできるだけ長く続けて欲しいと考えているので福利厚生も優れているところが多いです。

強いメリットの反面、勤務が激務であったり、残業や夜勤も多く、勉強会によって帰宅時間が遅くなって自由な時間が失われることもあります。

そして今の日本人の8割は病院や医療施設死なので、人の死に直面することが多いです。

このメリットとデメリットを把握して承知した上で転職活動をしてください。

-看護師転職

© 2020 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5