がんの3大治療法は、「手術療法」「薬物療法」「放射線療法」です。

この中の放射線療法は、機器や技術の進歩やがん化学療法との併用で治療成績が向上し、注目度が増している分野です。

 

放射線療法は近年のがん治療の中でも特に進歩が目覚ましいものです。

日本においてはそれほど認知度が高いものではなく、放射線療法の正しい知識を持った上で患者た家族自身が治療法を選択するために、また安心して放射線治療を受けられるようにサポートができるがん放射線分野のスペシャリストが必要です。

このスペシャリストががん放射線看護認定看護師です。

がん放射線看護認定看護師は放射線療法を受ける患者や家族の身体的、心理的、社会的問題をアセスメントし、専門スキルを活かして治療を安全にする支援を行います。

 

放射線治療計画から副作用の予測と、予防的観点でケアを行い、適切な症状マネジメントを行います。

 

放射線治療室では、医師と放射線技師が治療に直接関わる場面が多いですが、看護師は病状や治療等の知識ろ患者を取り巻く様々な状況を理解して患者に合う方法を見つけるサポートを行います。

放射線治療をスムーズに進め、治療効果を高めるとともに副作用を予防して患者の苦痛を和らげるなど、メンタル面でもサポートしていくことも、がん放射線看護認定看護師の役割です。

 

がん放射線看護認定看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

がん放射線看護分野の認定看護師を取得ための実務経験は次の3つの条件を満たしていることが望ましいと看護協会が定めています。

 

・通算3年以上がん放射線療法を受けている患者の多い病棟、外来、治療部門での看護実績を有すること

・がん放射線療法を受けている患者の看護を5例以上担当した実績を有すること

・現在、がん放射線療法を受けている患者の多い病棟、外来、治療部門で勤務していること

 

 

がん放射線看護認定看護師は認定試験に合格することで資格を得ることができます。

認定試験の合格率は90%以上なのでしっかりと勉強して入れば合格はしやすいですが、認定試験を受けるための資格を得るまでが大変なので、決して難易度の低いものではないです。

なのでがん放射線看護認定看護師になるにはそう簡単ではないという事を覚えておきましょう。

 

がん放射線看護認定看護師の教育機関

2015年現在のがん放射線看護認定看護師の教育機関は次の通りです。

 

・国立がん研究センター東病院 認定看護師教育課程(千葉県)

・東京医療保険大学放射線看護研究センター(東京)

・静岡県立静岡がんセンター 認定看護師教育課程(静岡県)

・久留米大学認定看護師教育センター(福井県)

ニーズが高まっていることもあり、ここ数年で教育機関が増えてきました。

 

がん放射線看護認定看護師の役割と求められるスキル

 

がん放射線治療の際に、患者やその家族に生じうる身体的・心理的・社会問題を予防・緩和して治療効果を最大限に引き出すことががん放射線看護認定看護師の役割です

がん放射線療法のスペシャリストとして、チームの一員としての治療サポートを行います。

そのために患者や家族の視点に立ってアセスメントして正確に治療が行えるよう環境を整える能力が求められます。

 

必要に応じて治療方法を医師に提案したり、チーム内で情報交換を行い、より適切な治療が効果的で患者も安心しできるようにサポートします。

 

放射線治療においては、医師や放射線技師、他のスタッフとの連携を欠かすことができず、適切なケアやサポートについて相談したり、患者や家族の希望を伝える協働コミュニケーション能力も必要になります

さらにチーム内の調整や看護職員と放射線チームの橋渡しの役割を担い、現場でリーダーシップを求められます。

 

がん放射線看護認定看護師が活躍できる職場

 

がん放射線看護認定看護師が活躍できる職場は、がん放射線治療を実施している病院やがんセンターです。

特定の治療法に長けた分野であるため、放射線治療をしている患者が多い病棟や、外科や放射線治療科などの外来、または放射線チームが資格を活かせる配属先になります。

 

放射線療法を取り入れる病院は今後増えていくことが予想されているので、この分野のスペシャリストであるがん放射線看護認定看護師の需要は増えていくことが考えられます。

 

また、認定看護師の配置や育成に積極的なのは、がん診療連携拠点病院に指定されている大規模病院が多いです。

 

がん放射線看護認定看護師になるには?

 

がん放射線看護認定看護師になるには多額の費用がかかります。

教育機関に通うための入学金や授業料、実習費、認定調査料などで100万円以上の費用がかかります。

これを払うとなると大きな負担になりますよね。

実はこのような認定看護師の資格取得を支援してくれる病院があります。

認定看護師になるための支援を行なってくれるところは、この費用を負担してくれたし、教育機関に通っている機関を休暇扱いにしてくれます。

なので、がん放射線看護認定看護師を目指している方はこのような病院へ転職を検討してみてはいかがでしょか。

 

 

まとめ

がん放射線看護認定看護師は医学の進歩によってニーズが高まっている分野で、放射線療法の専門家として医師、放射線技師と対等な立場で意見交換やチーム内の調整を行います。

 

がん放射線看護認定看護師は専門性が高く、一般の看護師では業務に関与できる部分が少ないです。そのためこのような技術を持っている看護師さんを優遇してくれる病院は多いです。