脳卒中にかかると、脳の損傷に応じてリハビリテーションが必要になります。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、脳卒中における救命や機能回復を促して再発を防止するために専門知識を習得した看護師です。

脳卒中は急性期や回復期、在宅に至るまでの看護を専門的な立場から提供できる看護職員が必要とされて、2010年に新たに加えられました。

高齢化に伴って脳卒中患者が増加したことや寝たきになる原因の1位が脳卒中であることから、脳卒中分野のスペシャリストが必要とされました。

脳卒中の治療は、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士など様々な職種による連携が必要になります。

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、その専門的なスキルを活かしてチーム内でリーダーシップを発揮して患者と家族のための最善の治療とリハビリテーションを行います。

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師になるには

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

脳卒中リハビリテーション看護分野の認定看護師を取得ための実務経験は次の3つの条件を満たしていることが望ましいと看護協会が定めています。

 

・通算3年以上、脳血管障害患者の多い部署での看護実績を有すること

・急性期のある脳血管障害患者んp看護を5例以上担当した実績を有すること

・現在、脳血管障害患者の多い施設等で勤務していること

 

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は認定試験に合格することで資格を得ることができます。

その試験の合格率は90%以上なのでしっかりと勉強していれば合格しやすいです。

しかし、その試験の資格を得るまでの条件が厳しいので、難易度は決して低いものではありません。

なので、簡単に得られる資格とは言えないでしょう。

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の教育機関

2018年現在の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の教育機関はこちらです。

 

・国立障害者リハビリテーションセンター

・目白大学メディカルスタッフ研修センター

・愛知県看護協会 認定看護師教育課程

・熊本保健科学大学キャリア教育研修センター認定看護師教育課程

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割と求められるスキル

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は患者の回復と再発予防に向けてのリハビリテーション支援や、患者とその家族にセルフケアと生活支援を行います。

脳卒中患者への看護とリハビテーションは、医師や理学療法士、栄養士など幅広い職種でのチームを組んで連携することが必要です。

認定看護師は専門スキルを活かしてリーダーシップを発揮してチーム内の調整役の役割があります。

 

脳卒中患者がそのQOLを向上させ生活を再構築できるようになること、そして将来的には脳卒中による寝たきりの患者を減らすことを目標とする脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、その専門的な分野の高い看護スキルが求められます。

観察によって脳組織の障害領域や程度の推察、判断し、生命危惧の兆候を早期発見すること、またその予防など高度な重篤化回避技術が求められます。

病態に合った適切なリハビリターション看護を行うためにも専門知識と技術が必要です。

 

また、脳卒中は早期からリハビリテーションを行うことが大切で、患者とその家族のモチベーションが大きな影響を与えます。

習得して知識を活かして、情報処理と相談を通じて患者とその家族を支えて前向きに治療に取り組む手助けを行います。

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が活躍できる職場

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として活躍できる職場は主に病院の病棟で、特に癌診療連携拠点病院、救命救急センター勤務の認定看護師が多いようです。

他にはICUやHCU、CCUなど集中治療室や脳卒中に特化したSCUや脳神経外科のNCUなどでも脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の活躍は期待されています。

また、脳卒中の治療は急性期、回復期、在宅医療まで継続してリハビリテーションに取り組むことが求めらるので、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の知識や経験は、外来やリハビリ室、在宅医療でも役立てることができます。

 

加えて、依頼が合った場合に院内で講義をしたり関連セミナーの出張講師や学会での研究発表、専門誌の執筆を手がける人もいます。

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師になるために

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師になるには教育期間に通う必要があり、その費用は多額なものです。

入学金や授業料、認定費用や実習費で100万円以上かかります

病院によってはこの費用を負担してくれる、認定看護師になるための支援をしてくれるところもあります。

 

なので脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を目指す方はそのような病院への転職を検討してみてはいかがでしょうか。