乳がん看護認定看護師は、乳がんに関する豊富な知識と高い看護実践能力を持った看護師です。

婦人科系のがんで最も多いのが乳がんは早期発見で完治が可能になる疾患ですが、患者及び家族の身体的、心理的負担は非常に大きいので、その分野のスペシャリストである乳がん看護認定看護師が求められるようになりました。

他の部位のがん治療とは違った専門性の高い知識と感謝へのケアが必要なため、独立した分野での認定看護師の資格認定を受けます。

乳がん看護認定看護師は、乳がん治療に関わる看護全般を行うケアだけでなく、患者及び家族の精神的負担や再発の不安などに対する心理的ケアの役割もあります。

 

乳がん看護認定看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

乳がん看護分野の認定看護師を取得ための実務経験は次の3つの条件を満たしていることが望ましいと看護協会が定めています。

・通算3年以上臭がん患者の多い病棟または外来等での看護実績を有すること。
・乳がん患者の看護を5例以上担当した実績を有すること
・現在、乳がん患者の看護に携わっていること

乳がん看護認定看護師になるには専門教育課程を実施末う期間に入学し教育課程を終了して認定試験に受かる必要があるのですが、現在では教育実施施設は全国に3箇所しかないので、入学の難易度から高くなっています。

しかし、試験の合格率は90%以上なので、しっかりと学べば問題ありません。

 

乳がん看護認定看護師の教育機関

2018年現在の乳がん看護認定看護師の教育機関はこちらです。

・静岡県立静岡がんセンター 認定看護師教育課程(静岡県)

・鳥取大学医学部附属病院 看護師キャリアアップセンター (鳥取県)

 

乳がん看護認定看護師の役割と求められるスキル

 

乳がん看護認定看護師に役割は、乳がん患者の精神的支えとなって親身に寄り添って治療をサポートすることです。

乳がんは若年層の発症も多く、告知されることで精神的に大きなダメージを受けてしまう患者はたくさんいます

早期発見が遅れると余命宣告がされる子があるため、メンタルケアの重要性が高いです。

乳がんの診断や治療は様々な分野の医療関係者が協働します。

乳がん看護認定看護師は患者に最も近い存在としてそ情報をチームに提供したり患者の希望に沿って医療が取れるようにチームに働きかけます。

そのため、マネージメント能力が求められます。

現場で働く看護師は患者との接し方やアドバイスの方法で悩んでいることが多く、乳がん看護認定看護師は資格取得や現場で学んだ知識と経験を活かして同僚の看護師や患者に対して適切なアドバイスや相談を行います。

乳がんは女性にとって重要な部分の疾患なので、心理的なケアは欠かせません。

患者や家族に対して正しい倫理観を持って接することや、それに基づいた判断をすることも乳がん看護認定看護師に求められるスキルです。

 

乳がん看護認定看護師が活躍できる職場

 

乳がん看護認定看護師が活躍できる職場はで最も多いのは、がん診療連連携拠点病院の病棟で、近年では手術術式の縮小化によって入院期間も短縮されているので外来における看護の需要も高まっています。

乳がんは早期発見の治療によって完治も可能ですが、女性のがんで最も多い疾患なので今後も乳がん看護認定看護師の専門的な知識と技術、経験は様々な医療機関で求められます。

 

認定看護師を取得すると病棟専属よりも、外来や相談室などで乳がんと宣告された直後の患者や、治療方針の選択を決めようとしている方の相談や情報提供をすることが多くなります。

遺伝性乳がんのカウンセリング外来も多く、カウンセリング窓口を設けている病院で活躍する認定看護師もいます

乳がんは早期発見・治療で完治するものなので、その点に関する社会的知識を高めるための指導や教育に携わる乳がん看護認定看護師の需要も高まっています。

 

乳がん看護認定看護師になるには

 

乳がん認定看護師になるには多額の費用がかかります。

認定看護師になるには教育機関に通う必要があり、その入学金や授業料、認定調査費用などで100万円以上かかります

これは大きな負担になりますね。

 

病院によってはこの費用を負担してくれたり、教育機関に通っている期間を休暇扱いにしてくれるなど、認定看護師の資格支援を行なっていう病院があります。

なので、乳がん認定看護師の資格取得を目指している方はそのような病院へ転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

[blogcard url=”http://www.kangosi104.net/?p=757″]

 

まとめ

乳がん認定看護師は、乳がん患者の相談や情報提供、メンタルケアを行います。

女性特有の乳がんの特性を理解して患者に寄り添って治療方法の選択を手助けをします。

乳がん患者数に対して乳がん看護認定看護師の人数が不足しています。