在宅看護専門看護師は訪問看護など在宅看護のスペシャリストとして医師の指示の元の定義を抑えながら現場環境に応じて適切なアドバイスや処置を行います。

現場での介助だけでなく、医療研究や地域の医療ネットワークの構築など在宅医療に抱えある幅広い分野での活躍に期待されます。

在宅看護専門看護師は2012年にできたばかりで認定看護師の中では最も新しいものです。

 

在宅看護専門看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本の看護免許を持っていること
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上
・専門看護分野の実務研修を受けていること
・看護系大学院修士課程修了者であること
・専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得していること。

実務経験が5年以上のうち3年は在宅看護分野での経験が必要です。

在宅看護専門の実務研修は、在宅ケアを要する患者に対する在宅看護の実務研修です。

在宅看護専門分野の専門看護師過程教育分野は全国で11院です。

専門看護師教育課基準の所定単位は28、もしくは36単位必要です。

専門看護師の合格率は94%と高いものですが、それまでの過程の難易度が高いので資格取得には相当の覚悟で臨むのが必要です。

 

在宅看護専門看護師の役割と求められるスキル

 

在宅看護専門看護師は現場での働き方と、訪問看護ステーションや総合病院などの運営本部でマネジメントや調整業務を行う働き方があります。

どちらにせよ、常に患者と家族のために最善の方法を提案する仕事です。

 

在宅看護専門看護師は自宅等で療養生活を送る患者に対して質の高い看護を提供することを使命としています。

病院などでの医療機関とは違う点がたくさんあり、起こりうるすべてのことに対しできるような能力が在宅看護専門看護師に求められます。

 

また、在宅看護専門看護師は訪問看護師への指導や相談、必要に応じて訪問入浴やホームヘルパーなどの介護職員やリハビリ担当者に対しての指導も行います。

在宅医療に関わる全ての職種や患者、家族の中でリーダーシップを発揮して、患者と家族の在宅生活の質を上げることが在宅看護専門看護師の役割です。

 

在宅看護専門看護師の活躍できる職場

 

在宅看護専門看護師が活躍できる職場は、主に在宅看護に携わる職場です。

訪問看護や在宅看護を行なっている職場は、訪問看護ステーションや総合病院、クリニックなどがあります。

訪問看護ステーションは医療ケアを必要としている在宅療養者の住んでいるtころへ看護師を向かわせるて昼ような看護ケアを行事業所のことを言います。

 

在宅療養者に対して血圧や体温、呼吸、脈拍といったバイタルサインの測定や、引き起こされる症状の観察を行います。

チェックや食事、排せつのケアなどの日常の看護も行い、在宅看護専門看護師は在宅看護のスペシャリストとしての活躍が期待されています。

また、在宅看護専門看護師の資格保持者の多くは、大規模な訪問看護ステーションや総合病院などスタッフが多い施設で勤務して、現場での処置や管理職としてマネジメントを行います。

 

在宅看護専門看護師になるために

 

在宅看護専門看護師になるには教育機関に通う必要があり、その費用は100万位上かかります。

また、その期間の生活費のことも考えると総合で200万円以上かかってしまうでしょう。

かなりの出費になりますね。

そんな時に頼りになるのは専門看護師になるために支援してくれる病院です。

専門看護師になるための費用を負担してくれたり、その期間を休暇扱いにしてくれる病院がありますので、在宅看護専門看護師を目指す方は転職を検討してみてはいかがでしょうか。