急性・重症患者看護専門看護師は人工呼吸器をはじめ様々な高度医療機器を利用して生命の危機的状況の患者を看護して回復に向かわせます。

救急医療の現場で活躍することが期待される看護師で、思わぬ事故、あるいは急変などにより生命が危険に晒されているような救急患者が搬送されて来た場合に対応することが求められます。

 

また、一人一人に対して集中して看護を行い、家屋に対しても説明や支援を行います。

急性・重症患者看護専門看護師は処置について一刻を争うことがほとんどで、判断力に優れ、瞬時に必要なことを行える能力が必要です。

 

事故が発生して大勢の負傷者が搬送されて着たような場合には医師による処置を必要としている順番で診察が受けられるようにするという役割もあります。

そのため、患者の様子を見てどのような症状が引き起こるかなどを予想し、その危険度を判断できることも必要なため、難易度は高いです

 

元・医療従業者元・医療従業者

急性・重症患者看護専門看護師についてと、資格を得る方法について解説するよ。

 

急性・重症患者看護専門看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本の看護免許を持っていること
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上
・専門看護分野の実務研修を受けていること
・看護系大学院修士課程修了者であること
・専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得していること。

急性・重症患者看護専門看護師の実務経験は看護師の経験が5年以上を必要です。

3年以上の急性・重症患者看護専門分野の経験を積まないといけないのですがこの3年は看護師の実務経験5年のうちに含むことができます。

 

その上で日本看護協会の教育機関でカリキュラムを修了し、専門看護師教育課程基準の所定単位の総計26単位、または38単位を取得することが条件です。

急性・重症患者看護専門看護師の教育課程の認定を受けている教育機関は大都市を中心に全国で22院あります。

 

急性・重症患者看護専門看護師の役割と求められるスキル

 

急性・重症患者看護専門看護師は現場で患者の集中看護を行うのはもちろん、医療スタッフと連携をとって全体を調節する歌区割りがあります。

救急医療の現場では常に生死と向き合ってくことが求められる看護師なので、一瞬の判断が患者の生死を左右することにつながることからも大変緊張する場面が続く職場で働くことが求められます。

患者の家族と倫理的に向き合って、医学的視線と本人や家族の希望を考慮して最善の治療法を考えることも急性・重症患者看護専門看護師には必要なスキルです。

 

そのため、急性・重症患者看護専門看護師には強い精神力が求められます。

精神的なストレスを抱えることも多く、それでも判断は正確に、処置は迅速に行うことで患者の容態を解放へと導きます。

急性・重症患者看護専門看護師は患者の訴えたいことや意思を読み取る能力も昼ようで、意見交換や思っていることを吐き出させるなど、患者や家族、同僚のケアをすることが必要です。

 

急性・重症患者看護専門看護師が活躍できる職場

 

急性・重症患者看護専門看護師は3次救急の受け入れを行っている総合病院や救急救命センターや外来や、集中治療室が主な職場になります。

緊急手術の対応は手術室看護師が行いますが、急性・重症患者看護専門看護師は初期診断の介助や病棟、集中治療室での看護を行います。

なので119番通報により出動した救急車を受け入れてくれる医療機関での病院が活躍できる職場になっています。

 

急性・重症患者看護専門看護師になるために

 

急性・重症患者看護専門看護師になるには多額の費用がかかります。
教育機関の入学金、授業料、入試試験、実習費など合わせて100万円以上かかり、その間の生活費などを考えると200万円以上かかってしまいます。

実は専門看護師になるため支援してくれる病院があります。

これはその専門看護師になるための費用を負担してくれるので急性・重症患者看護専門看護師wp目指すのなら転職して利用するといいでしょう。