精神看護専門看護師は二つのタイプがあります

・精神科看護専門看護師
・リエゾン精神看護専門看護師

精神科看護専門看護師は、精神科病棟で精神疾患の療養中の患者のケアを行う看護師で、リエゾン精神看護専門看護師は一般病棟の中で身体疾患持った患者へのケアをおこうなう看護師です。

 

共通して言えることは精神看護専門看護師は正疾患に関する専門知識と看護技術を持って患者やその家族に高度で適切なケアを施すことができる看護師です。

精神的に不安になっている患者や家族と向き合うことで心理的なケアを行い、看護師自身が病んでしまわないような看護ケアをする役割もあります。

 

精神看護専門看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本の看護免許を持っていること
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上
・専門看護分野の実務研修を受けていること
・看護系大学院修士課程修了者であること
・専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得していること。

精神看護専門看護師の実務経験は看護して5年以上を持ち、その中で3年以上の精神看護分野での経験を積まないといけません。

 

その上で日本看護協会がしているする教育機関でカリキュラムを修了し、専門看護師教育課程基準の所定単位は、総計26単位、または38単位を取得します。

これには約6ヶ月かかります。

 

難易度は非常にtかいですが、認定試験の合格率は90%以上です。

精神看護専門看護師は専門看護師の中で2番目に人気が高く、教育機関の数は多いですが大都市の大学院に集中しています。

 

精神看護専門看護師に求められるスキル

 

精神看護専門看護師には6つの活動方法があります。

・直接ケア
・相談
・調整
・倫理調整
・教育
・研究

それぞれ心の病や悩みを持つ患者やスタッフなどのメンタルケアに精通した仕事を行います。

 

求められる看護スキルは精神医学や精神看護に関する専門知識だけでなく、その知識を基礎に患者それぞれに応じたサポートができることです。

患者が不安に思っていることや感じている苦痛を理解する共感力が必要で、時には忍耐や強い精神力も必要になってきます。

 

精神看護専門看護師が活躍できる職場

 

精神看護専門看護師は精神科病院はもちろんですが、外科や内科、がん看護など病院全体で成員的にケアが必要な患者がいますので、幅広い分野で活躍できます。

うつ病や精神疾患に加えて身体的疾患からくるストレスによって精神的に不安定になってしまう患者が多いので、精神看護専門看護師の需要は今後伸びて行くでしょう。

 

患者のみならず、医療関係者自身が心のケアが必要とするようになったからこぞ、精神看護専門看護師は多くの医療機関で活躍が期待できます。

 

精神看護専門看護師になるために

 

精神看護専門看護師の資格所得をするに多額の費用がかかります。

入試試験や入学金、授業料、実習費、認定審査費用、認定費用の合計だけでも100万円以上かかり、さらに資格取得までの教育機関に通う期間の生活費などがかかることから200万以上がかかると言われています。

 

働きながら通うなど厳しいです。

実は専門看護師になりたい人をサポートしてくれる病院があります。

専門看護師支援を行っている病院はその費用を負担してくれたり、教育機関に通っている間を休暇扱いにしてくれるところもあります。

専門書だけで数十万円かかってしまうということもありますが、費用も負担してくれる病院もあります。

 

まさに至れり尽くせりですね!

 

このような病院へ転職するには看護師求人転職サイトがおすすめです

看護師求人転職サイトは、看護師は完全無料で利用することができるサイトで、登録すると担当してくれるキャリアコンサルタントから後日連絡がきます。

その時に探している求人の条件を相談すればそれに沿った求人情報を紹介してくれるでしょう。