地域看護専門看護師は患者さんが退院をした後の在宅医療を支えるスペシャリストです。

病院では入院日数を減らす取り組みが進められていたり、地方では若者離れが進んで過疎化が怒っているのと、高齢化や診療報酬の改定により、治療の場が病棟から外来へ移行していることから、在宅医療の必要性が高まっています。

 

地域看護専門看護師は在宅看護や学校保健、産業保険などその地域に置いて必要とされる看護師なので、地域と行政を図りながら高度な看護を技術を提供して。地域の保険医療福祉の発展に貢献する役割があります。

 

地域看護専門看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本の看護免許を持っていること
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上
・専門看護分野の実務研修を受けていること
・看護系大学院修士課程修了者であること
・専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得していること。

 

地域看護専門看護師の認定分野の実務経験は、5年以上の中での3年以上でも大丈夫です。
看護系大学院へが約2年間通うことになります。

 

専門看護師教育課程基準の所定単位は、総計26単位、または38単位必要で、これには約6ヶ月かかります。

地域看護専門看護師になる教育課程の認定を受けている教育機関は、38単位教育機関で2院、26単位教育機関で5院の合計7院で非常に少ないです。

東京や愛知、福岡の大都市でも教育期間がないので大都市に住む看護師が目指しにくい環境であることも地域看護専門看護師が少ない要因になっています。

 

地域看護専門看護師が活躍できる職場

 

地域看護専門看護師は地域に密着する看護師のスペシャリストとして働く看護師なので、活躍できる職場は「在宅看護」「学校保健師」「産業保健師」なおがあります。

現在はまだあまり人数はいないですが、今後の社会においては必要とされる存在になることは十分に予想されます。

 

地域看護専門看護師は、在宅療養をする患者さんに関わるたくさんの人と連携と取り合って調整役となる仕事です。

 

全体的には訪問看護より、保健師関連の仕事をしている方が、地域と連携した看護スキルをあげるための勉強として資格取得しているケースが多いです。

業務は日中に行うことがほとんどなので夜勤はあまりなく、夜勤手当や時間外手当をもらっている看護師と比較すると給与面は差が出てしまうことがあります。

 

しかしながら地域看護専門看護師は専門知識を持つ大切な看護師なので、しっかりとした理解を持って給与面など待遇をよくしてくれて、評価をしてくれるところが地域看護専門看護師が活躍できる職場になるでしょう。

 

地域看護専門看護師になるために

 

地域看護専門看護師の資格所得には多額の費用がかかります。

入試試験や入学金、授業料、実習費、認定審査費用、認定費用の合計だけでも100万円以上で、これ以外にも資格取得までの期間の生活費などがかかることから200万以上がかかると言われています。

病院によっては専門看護師になるための支援してくれる病院もあるので、地域看護専門看護師の資格取得を考えたときはそのような病院へ転職すると言うことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

支援は金額の負担や、休暇扱いにしてくれるなど待遇をよくしてくれることです。

地域看護専門看護師の専門単位の必要単位をを取得できる教育機関も少ないので、このような病院へ転職を考えないといけないでしょう。

 

転職には看護師求人転職サイトがおすすめです。

看護師求人転職サイトは看護師なら完全無料で利用できて、登録すると転職のプロであるキャリアコンサルタントが担当についてくれます。

キャリアコンサルタントから連絡が来たら条件など色々と相談すればそれに沿った条件の求人情報を紹介してくれるでしょう。

病院事情にも詳しいので、あなたの転職の力になってくれることは間違いなしです。

 

ただし、そのためには3つ以上の求人転職サイトを利用することをお勧めします。

キャリアコンサルタントも人間なので相性があり、他にも複数の看護師の担当をしているなどを理由にあなたへの対応が不満に感じることもあるでしょう。

なので3つ以上のサイトに登録しておけば3人のキャリアコンサルタントが担当してくれることになるのでよりスムーズに転職が行えます。