看護師の割合は女性が多いです。そのため病院内では産休や育休は欠かせない出来事になっています。

しかし、マタハラが強い病院などがあり、社会問題として取り上げられたりします。

今回は看護師の産休について法律・給与・ルールについてご紹介します。

 

産休の法律とルール

 

看護師に限らず、働いている人すべてには労働基準法という法律が該当します。

その中で産休は産前休暇と産後休暇のルールが定められています。

 

・産前休暇:出産予定日から6週間
・産後休暇:出産日から8週間

通常では分娩の出産予定日を基本的な軸にしていますが、帝王切開などで気あっている場合は変更になります。

 

法律上の出産とは妊娠4ヶ月以上経過した場合の分娩のことを言います。

4ヶ月経過した場合の死産や人工流産も含まれます。

 

産前休暇

産前休暇は出産予定日から6週間です。

産前休暇は出産予定日から計算し、出産日がずれたとしても産前機関として見なされます。

出産日の当日も産前期間として見なされます。

本人の希望があれば出産の前日まで仕事は可能なのですが、やめておきましょう。

 

産後休暇

産後休暇は出産日の翌日から数えて8週間です。

この8週間は産前休暇の期間と違い、法律上は働いていけないと決まっています。

違反した場合は6ヶ月以下の懲役、または30万円以上の罰金になっていまうので、絶対にやめましょう。

そもそも本人が希望しても産後期間は働かせてもらえないですけどね。

 

産休の給与

 

産休の場合は雇用側(病院側)に給与の支払いの義務はありません。

しかし健康保険に加入していて条件を満たしていれば健康保険組合から出産手当金をもらうことができます。

健康保険は勤務先によって加入していない場合があるので注意が必要です。

 

出産で貰える健康保険組合からの金額

子供が生まれた時に健康保険組合からもらえる出産一時金と産休で休んでいるときに病院から給与を貰えない場合は出産手当金が支給されます。

出産一時金:出産後にもらえる(一律40万4千円)
出産手当金:病院から給与が貰えない場合にもらうことができる

 

出産手当金は産休扱いにしていないともらうことができないので、病院を退職しているともらうころができません。

なので、産休制度や育休制度のある病院へ転職しておくのがいいです。

 

産休や育休のある病院へ転職するには

 

産休や育休の病院へ転職するには看護師求人転職サイトを活用した転職方法がオススメです。

求人転職サイトにには数多く求人があり、その中から産休制度のある病院を選ぶことができます。

 

また、登録するとキャリアコンサルタントが担当についてくれて、相談するとそれに沿った求人情報を紹介してくれます。

その時に産休制度のある病院を紹介してもらい、さらに取得実績のある病院を探してもらうといいでしょう。

 

 

看護師求人転職サイトでは、一般公開すると応募が殺到するような好条件の非公開求人を扱っているので、その中から選ぶのもいいでしょう。

仕事に復帰したことを考えて託児所完備の病院を探してもらうということもできます。

ただ産休制度のある病院を選ぶのではなく、それ以外の条件も細かく担当のキャリアコンサルタントに伝えて、あなたが働きたいと思えるような勤務先を見つけて転職を成功させましょう。

 

 

そのため、看護師求人転職サイトは3つ以上の複数サイトを活用することをお勧めします

サイトによって扱っている求人も違ければキャリアコンサルタントももちろん違います。

 

なので、相性が悪いキャリアコンサルタントが担当に着くことも十分にありえます。

複数のサイトに登録しておけば複数のキャリアコンサルタントが担当についてくれることになるので、一人がダメでも他のキャリアコンサルタントがなんとかしてくれるでしょう。

 

まとめ

産休のルールと給与について紹介しました。

健康保険組合からお金がもらえますが、出産手当金は産休でないともらえないため、産休制度のあるところへ転職しておくといいでしょう。

 

看護師求人転職サイトを利用すればスムーズにできるため利用してみたはいかがでしょうか。