50代看護師の転職となると選べる求人情報が減ってしまうというイメージがあるかもしれませんがそうではありません。

確かにハローワークやナースセンターや求人情報誌などを利用した転職の場合や地震の知っている病院での場合はそうかもしれません。

 

しかし看護師求人転職サイトを活用させた転職方法の場合は、50代の看護師でも「是非来て欲しい」というところが意外と多いです。

50代の看護師の求人転職サイトの選び方

 

50代の看護師が求人転職サイトを利用する時は、扱っている求人情報が多いところや非公開求人が多い求人転職サイトを利用するといいでしょう。

扱っている求人情報が病院以外で看護師として働けるところもありますので、仕事の幅が広がります。

 

例えば有料老人ホームや訪問看護などは経験が豊富なベテランの看護師が求められますね。

このような気病院というよりかはビジネスとして看護師を雇いたいと思う経営者が求人を出すサイトもありますので、そちらも利用するといいでしょう。

また、行いたい仕事が決まっている場合は特定の分野に強い求人転職サイトを利用するといいでしょう。

 

50代の看護師が求人転職サイトで注意すること

 

看護師求人転職サイトを利用すれば、担当のキャリアコンサルタントがつきますので条件などを相談すればそれに沿った求人情報を紹介してくでます。

これによりスムーズに転職ができるようになるますが、50代の看護師が求人転職サイトを利用する上で注意点があります。

 

3つ以上のサイトを活用させる

看護師求人転職サイトをできれば3つ以上活用させたほうが転職の成功率が上がります。

サイトによっては得意な分野があるところもあれば、保有している求人数、ジャンルも違います。

 

条件のいい非公開求人の数多種類も違いますので、複数登録すれば条件のいいところが見つかりやすくなります。

また、3つ登録すれば3人のキャリアコンサルタントが担当に着くことになりますので、3人がさまざまな求人情報を探してくれるので見つかりやすくなるということになります。

 

看護師としての経験をまとめておく

面接が苦手だという看護師は50代の看護師に多いので、看護師としての経験をまとめておきましょう。

担当のキャリアコンサルタントは求人を見つけてくるのが仕事ではなく、転職を成功させるのが仕事ですので、面接の対策もバッチリ行ってくれます。

 

もちろん経験をまとめておくことで、キャリアコンサルタントがそれに沿った求人情報を探してくれやすくなるので転職がスムーズに行くということになります。

 

売り手市場だと理解しておく

看護師は慢性的に人手不足なので、50代の看護師でも売り手市場です。

なので転職できる勤務先はたくさんあります。

どこでもいいとは考えず、その中でも条件のいい求人情報から選ぶといいでしょう。

 

50代の看護師の転職の注意点

 

求人転職サイトを利用する注意点ではなく、転職そのものの注意点です。

50代の看護師になると若いときに比べると体力が衰えているので、体力的に厳しいところは選ばないほうがいいですね。

 

しかし、それまでの仕事の経験を活かした仕事を選ぶのが転職の近道です。

収入のアップを見込むことができ、求人転職サイトから条件や待遇のいい求人に転職することも狩野なのですが、やりたいことが他にあればそれにこだわらないという選択肢もあります。

キャリアの集大成とも呼べる年代なので、看護師として行いたい仕事を選ぶということも大事になって来ます。

 

まとめ

 

50代の看護師が転職を成功させるには看護師求人転職サイトが最も成功率が高いです。

 

担当のキャリアコンサルタントに条件を相談すればそれに沿った求人情報を探してきてくれますので、そこから選んでみてはいかがでしょうか。

キャリアコンサルタントには病院内の人間関係や離職率なども調べてもらえますので信頼関係を築いて転職を成功させていきましょう。