看護師さんに限らず、就職してから1年目~3年目で仕事を辞めたいと思う人は多いです。

しかし看護師さんの仕事は比較的やめたいと思う人が多いです。

 

仕事の理想と現実のギャップだったり、覚えることが多かったり、職場環境も悪かったりしたら辛くてやめたくなってしまいますよね。

特に看護師の1年目は人生で最も辛い一年だと言われています。

ですので、順に看護師1年目、2年目、3年目に分けて転職について解説していきます。

 

1年目の看護師がやめたら

 

苦労して看護学校を卒業して、国家試験に合格して、病院に就職して、看護師としての人生がここからスタートします。

憧れていた職業だったり、親に進められて選んだ職業だったりと理由は様々だと思いますが、社会人デビューです。

 

気合もあったでしょう、しかし気がついたら怒られてばかりだったり、やりがいを実感できなかったり、ミスをしたり、次第にやる気がどこかへ消えてしまっているかもしれません。

人間関係がキツイ。同期と比べられる。希望の部署に配属されない。休みが少ない。身体がキツイ。などなど辞めたくなる理由は様々ありますね。

 

 

しかし1年目、例えば3ヶ月で辞めてしまうと看護師としての実績はゼロに近いです。

基礎ができていると思えませんし、看護の知識が少しある一般人という扱いになるでしょう。

 

1年勤めれば看護師として実力がついたとみなされますが、まだまだ主導権は先輩に握られます。
そんな時に転職をしたいと言った場合は、間違いなく周りから止められます。

 

 

大半のことは2年目から解決しますし、徐々に仕事もできるようになると周りは思っています。

なぜなら誰もが通った道なので。

なので看護師1年目というのは耐え忍ぶ年なんです。

 

それでも辞めたいという場合、どのような転職先があるのか。

実は看護師は不足が著しいので1年目で辞めたとはいえ転職先はあります。

介護施設やクリニックなどですね。

 

しかし1年目は立派な看護師とはいえないので、教育しなければいけない、そのために人を使う余裕がないという理由から断られる可能性もあります。

また、看護師とは違う他の企業に転職となっても、看護師は専門性が強すぎるので通用しないと判断され、書類審査で落とされる可能性の方が多いです。

給料の面から考えてお水の道へ行く看護師さんもいますが、年々その収入は減ってきます。

 

 

いくら看護師の資格があると言っても、一年目で辞めてる人、しかも辞めてから数年経っている人を雇ってくれる病院は少ないでしょう。

他の教育体制が整った病院へ就職したと言っても、先輩方は新人として扱います。

 

しかも1年で辞めた人なので「またすぐやめるかも」と期待をしてくれないかもしれません。

他の新人達と比べてハンデを背負うことになるので、1年看護師をやったというプライドは無くしてゼロからやるつもりで謙虚に学ぶことが大事です。

 

1年目の看護師が転職するには

見切り発車で退職するのではなく、在職中にしっかりと転職先を探してください。

まら、引越しなどの費用もあるので、お金をためておくことも大事です。

有休も使えないと思うので、辞めてから転職、引越しの期間は短いので体力も必要です。

ブランクができたらそれだけ転職で不利になりますから。

 

 

看護師の1年目はまだまだ未熟なので、転職先でもしっかりと研修があるかどうかを見た方がいいです。

施設によっては祝い金や引越し準備金を出してくれるところもあります。

そこは看護師の転職支援サイトを活用して見ましょう。

転職先を探すには転職支援サイトを活用するのが便利です。

 

希望にあったところ探してくれるでしょう。

転職サイトの担当者が再就職への前評判を上げてくれたりなど援護射撃をしてくれますので、一人で転職先を探すよりかは有利になります。

 

退職するときに

いくら辛かったとはいえ、あなたを育てようとしてくれた場所なので、しっかりとあいさつをしましょう。

たとえもう二度と会わないと思っても、転職先にその先輩方の知り合いや友人がいるかもしれません。

菓子折りの一つでも持っていけば手つきも軽くなります。

 

辞めるからといって勝手に休むと、病院のスタッフに迷惑がかかりますので、最後まで自分の仕事はこなしてください。

お金をもらうということは、それなりの責任がありますから。

 

看護師1年目転職まとめ

1年目で辞めるということは大きなリスクを背負うことになります。

この大きなリスクを背負ったことを大きなチャンスに変えられるかは自分次第です。

転職に成功したら今度こそやり切るつもりでいきましょう。

 

厳しい看護師の1年目を乗り切った2年目。後輩もできることでしょう。
辛い局面を乗り切ったはずなのに、辞めたくなってしまうことがあります。

 

看護師2年目で辞めたいと思っている人へ

 

2年目で辞めること考える時は、辞めた先に何があるか、まだ未熟な自分が本当に辞めていいのかなど不安があるでしょう。

2年目からは看護師の実力よりも人としての特性で左右されます。

それにより終わってみて仕事が楽しかったとか、やりがいを感じたとかが変わってきます。

 

だからこそ、自分が本当に看護師の仕事を続けてもいいのかと不安になっていまう人もいますね。

2年目での悩みの多くは。先輩に信頼されないことや、ミスが出てきやすくなるとか、待遇面に不満を感じるなどです。

 

プリセプターのような指導者がいなくなることで高圧的に言われたり、確認する大切さをが身にしみてわかって来ます。

そして2年目からは税金が上がるので、給料面などの待遇に不満を覚えるかもしれません。

そうなった時に看護師の仕事が向いていないと感じたり、職場を変えて転職したいと思うこともあるでしょう。

 

看護師2年目の転職先

一年目を乗り切ったからといって2年目でもまだまだ実力は評価されていません。

どの職場に行っても新人同様とみなされてしまうでしょう。

 

2年目での転職先の多くは病棟勤務です。

独身の看護師はほとんど病棟に回されてしまいます。

 

クリニックなどは教育に人をさけれるほど人員がいないため、2年目では就職が厳しくなるでしょう。

2年も耐えてきたのにまた病棟かと思ってしまうかもしれませんが、看護師としてキャリアをすんで成長するには病棟で知識や手技、知識を身につけたほうが今後の自分のためになります。

どんな仕事でも基本に忠実にいかないといけませんし、基本をおろそかにすると、大きなミスを引き起こしてしまう可能きにがあります。

 

どの職場でも病棟勤務は大変なところが多いですが、人間関係の良し悪しで実感は変わってくるでしょう。

仕事内容には満足したとしても、一緒に働く先輩が嫌だったりしたらその職場で働きたくなくなりますからね。

転職する場合はその辺の待遇面を見ておくといいでしょう。

 

看護師2年目の看護師が転職するには

2年目で転職する場合は在職中に転職先を探すことが重要です。

仕事を辞めたら収入がなくなってしまって経済的に厳しくなってしまいますからね。

看護師寮にいる場合は次の仕事が見つかっていないと引越し先にも苦労します。

 

 

ブランクをなるべく作らないためにも、次の職場は見つけておきましょう。

その転職先は教育制度が整ったところがいいです。

2年目はまだ即戦力としては扱われなく、まだまだ未熟なためあなた自身が苦労します。

看護師として成長して、しっかりとキャリアを積むためにも教育制度のあるところを選んで自分を斉唱させましょう。

転職先を探すには転職支援サイトを利用するといいです。

 

看護師の転職するための担当者があなたの条件にぴったりなところを選んでくれます。

求人先とも密接な関係を持っているため、色々と交渉してくれて待遇面の確認や、転職の口を聞いてくれることもあります。

お願いしていれば待ているだけで楽ですね。

 

退職するときに

辛くて辞める職場でも、それまでのあなたを育ててくれた場所なので、あいさつはしっかりしましょう。

看護師さんの繋がりは狭いので、たとえもう二度と会わないと思っても、転職先にその先輩方の知り合いや友人がいるかもしれません。

どうせ辞めるからといって自分勝手に休むと、病院のスタッフや患者さんに迷惑がかかりますので、最後まで自分の仕事はこなしてください。

仕事でお金をもらうということは、その責任があります。

 

看護師2年目転職まとめ

2年目での転職はまだまだ新人扱いされます。

職場を変えることでリスクはあるかもしれませんが、人となりをしっかりして、待遇のいい転職先を選べば、あなたの看護師としての実力が上がり、やりがいを見つけられるかもしれません。

転職先で自分を成長させることと、貢献することを忘れないようにしましょう。

 

看護師3年目で辞めたいと思っている人へ

 

登竜門の1年目を乗り越えて、プリセプターが離れてうっかりミスが増えてしまい、手技や知識、経験を積んだらいよいよ三年目ですね。

看護師さんは3年目で一人前という言葉もあります。

 

3年目からは新人扱いされなくなり、逆に新人に指導に着くことになる場合もあります。

一人前とみなされるので、看護師としてさらなる成長ができますね。

それゆえ、キャリアアップや次のステップへと考え始める時期でもあります。

 

この3年目というのは転職に最適な時期だと言われています。

私は臨床工学技士ですが、新人時代言われていたことは、「1年耐えたら3年頑張りなさい。3年頑張ったら5年目まで頑張りなさい」でした。

その言葉の意味がその年数経った後に腑に落ちてわかります。

 

看護師3年目の転職

 

看護師さんの3年目は新人扱いされなくなって、新しい仕事がどんどん増える時期になります。

成長しているので、今まで気にならなかったことが気になったり、改善点とか思いつくかもしれません。

職場内でも気づくことが多かったりして、色々と考えてしまう時期でもあります。

 

そんな3年目の看護師さんがやめたい理由は、

・後輩を指導する立場になったことからの尻拭い。
・係の仕事が増えて残業が増えた。
・仕事が増えたのに給料が増えない。
・他の同期と比べられて辛い。
・信頼されない。
・悪口を聞く、言われる。

などです。

 

同期がどんどん成長して自分がおいてからたら劣等感を感じて辞めたくなってしまいます。

劣等感を感じた時に、どう行動するかで人生は変わります。

負けない気持ちで自分が成長する努力をするか、諦めるかです。

 

諦めてしまえばそこで終わりです。そのような人間を先輩たちは信頼してくれませんし、後輩もついてきません。

しかし、それでも努力をしている姿勢を見せれば周りの評価も変わってきます。

人を変えることはできませんが、自分が変われば相手に与える印象を帰ることができます。

など熱く語ってみましたが、三年目の看護師さんて、他の病院ではほしい逸材なんですよ。

 

1人前に扱われるということは、初期の教育が終わっているということで、採用側も教育がいらない即戦力として考えてくれます。

5年目以降になると、前の職場に染まりすぎて、古い考えや独自の考えがあって使いづらい印象を受けます。

施設が変わったらルールも変わりますが、固定概念が強すぎたら反発が起きてしまう可能性があります。

なので3年目はちょうどいいという施設が多いです。

 

看護師3年目が転職するには

三年目の看護師さんは即戦力の扱いになるのでどこの施設でも採用したい人材です。
まだ若いので、すぐに結婚や出産をしないだろうという安心感もあります。

 

早く結婚したい看護師さんもいると思いますが、採用する側はこれが本音です。

転職先は、病棟勤務、クリニック、施設などどこでも重宝されます。

しっかりとシフトが守れる若い看護師さんを欲しています。

 

転職を考えたら

ブランクを空けないためにも在職中に転職先を見つけておいたほうがいいです。

看護師寮に入っている場合は、寮から出ないといけないので転職先を見つけて、住むところも見つけて引っ越しをしないといけません。

どこでも即戦力で扱われるとはいえ、満足のいく転職先がすぐに見つかるとは限らないので、早めの行動がいいですね。

そのためには転職支援サイトを活用するのがオススメです。

 

転職支援サイトの担当コンサルタントがあなたの条件にあった転職先を見つけてくれて斡旋してくれます。

お得な求人情報はあまり公開されていないので、有利に転職ができます。

 

3年目の看護師さんは一人前とみなされて、転職先では即戦力で扱われることが多いです。

なのでより可能性が広がります。

 

転職理由は人によって異なりますが、転職の条件を譲らずに、しっかりと相談して最適な転職先を見つけて有意義な人生を過ごしてほしいです。