30代後半の看護師は経験豊富ということがあって比較的に採用されやすい看護師といえます。

しかし30代後半の看護師となると転職に注意しないといけないことがあります

今回は30代後半の看護師の採用されやすい看護師採用されにくい看護師について解説します。

 

採用されやすい看護師と採用されにくい看護師

 

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

30代後半になると、どのような看護師が採用されやすいんだろ・・・?

元・医療従業者元・医療従業者

30代後半の看護師はコミュニケーション能力が高い人が好まれるよ。

 

30代後半の看護師の採用されやすい看護師とは、明るくてコミュニケーション能力の高い看護師が職場で馴染みやすいということで採用されやすいと言えるでしょう。

看護師の仕事はチームプレイで連携が必要なので、コミュニケーション能力がないと周囲に馴染めないことからとても重要になります。

 

30代後半の看護師の転職は、新人からベテランまでいる中の中堅として入ることになることが多いですからね!

 

元・医療従業者元・医療従業者

コミュニケーション能力は指導して身につくものじゃないし、そこまで長い目でみてくれないから今現在にあるかどうか面接でチェックされるよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

コミュニケーション能力は日常で得ていないと転職で厳しくなってしまうですね。

 

このコミュニケーション能力は入職して指導して身につけられるというものではなく、人の性格を変えることなど本当に難しいので、入職前には特にチェックされます

なので、コミュニケーション能力がない看護師は採用されにくい看護師ということになります。

 

患者さんに明るく振る舞えることと、うまく連携が取れることを期待して、コミュニケーション能力の高い看護師が採用されやすい看護師ということになります。

 

30代後半の看護師の転職の注意点とは

 

30代後半の看護師の注意点は人によってかなり違いがあります。

 

元・医療従業者元・医療従業者

30代後半になるとライフスタイルがそれぞれ違うから、人によって注意点が違うんだ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

結婚や妊娠、出産のタイミングによって子供が手にかからなくなる人もいれば、まだ目が離せないという人もいますからね。

 

育児の関係で家庭との両立を考えて拘束時間が短い職場で転職したいという人もいれば、30代のうちにキャリアアップできる環境に移りたいという人もいます

 

出産や結婚を機に退職していた人が子供に手がかからなくなったタイミングで復帰を目指すという人も少なくありません。

なので、人にあった職場を探すことが大切です。

 

家庭との両立を考える場合の注意

家庭と両立させたい場合は、育児に関する休暇が充実していたり、時短勤務ができる職場を選ぶといいでしょう。

 

元・医療従業者元・医療従業者

最初は出勤に融通がきくパートとして働いて、ライフスタイルに変化があったら正社員として働くということもできるよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

託児所を併設していたり、近隣に設けてくれてる病院もありますね。

 

看護師は余裕ができたタイミングで転職することも可能なので、育児中はパートタイムで働き、落ち着いらた正社員になるということも可能です。

また、子供がまだ小さい場合は、託児所完備の病院に転職するということも視野入れるといいですね

 

 

キャリアアップを狙うなら

30代後半はキャリアアップを目指している人にとっては早いタイミングではありません。

 

元・医療従業者元・医療従業者

30代後半でもキャリアアップは十分狙えるよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

何かを始めることに遅すぎるってことは基本的にはないですね。

 

しかし、キャリアアップを狙うのなら早めにチャレンジしておきましょう。

復職を目指すのなら復職プログラムがある病院を狙うか、クリニックや療養施設など比較的に医療行為が少ないところがからスタートすることも無難です。

コミュニケーション能力は重要になる

いつの転職でも、看護師の転職にはコミュニケーション能力が求められます。

30代の後半に入職するということは、年下の先輩がいる状態の中で中途入職ということになりますね

 

元・医療従業者元・医療従業者

30代後半は経験はある前提で考えられてるから、さっきも解説した通りコミュニケーション能力があるか無いかを見られるよ。

 

経験によっては先輩といった扱いで入職することもありますが、その病院でのやり方を年下の看護師に教えてもらうことがあるでしょう。

その辺りは柔軟なコミュニケーションを取ることも大切です。

 

年齢制限がある

30代後半の看護師は即戦力扱いになり、採用されやすい看護師ですが、1番のネックは年齢制限です。

病院によっては年齢が35歳までという制限があるとことがあり、それ以降の年齢だと非常勤として扱われて福利厚生を受けれないということがあります。

 

なので、転職の前にはその病院の年齢制限を確認する必要があります

 

年齢制限がされている病院では、どんなに優秀な看護師でも採用されないことが悲痛なので、避けたほうが無難です。

ただ、雇用するのに年齢制限をかけるのは法律で禁じられていますので、求人票に告知されていなくても採用基準に入ってる病院もあります

 

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

告知がなくて年齢制限を知らずに面接に行ってたとしたらやだな・・・


元・医療従業者元・医療従業者

そうならないためにいい方法がありますよ

 

30代後半の看護師の転職は求人転職サイトを

 

30代後半の看護師に転職には、看護師求人転職サイトを活用することをお勧めします。

 

元・医療従業者元・医療従業者

看護師求人転職サイトなら、1人での転職活動では知ることが難しい病院の内情などキャリアコンサルタントに教えてもらうことができるよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

表向きには公開していないけど、年齢制限を設けているかどうかも知ることができるんですね。

 

看護師求人転職サイトでは登録すると担当のキャリアコンサルタントがつきますので、あなたの条件を相談し、年齢制限を設けていない病院を紹介してもらえればスムーズに転職が行えます。

何も知らずに面接をして、年齢制限で不採用になった場合など、こんな時間の無駄はありません

なので、事前に調べてもらえばいいということですね

 

元・医療従業者元・医療従業者

看護師求人転職サイトでは、条件がいい非公開求人を扱っているよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

ハローワークや求人情報誌など一般には公開していない求人情報ですね。

 

看護師求人転職サイトには非公開求人というものがあります。

非公開求人とは、病院が現在在職しているスタッフに知られたくないような高待遇な求人であったり、一般公開すると応募が殺到しすぎて処理に困るような条件のいい求人情報のことです

 

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

ここまでしてくれるのに看護師は完全無料で利用できるんですね。

元・医療従業者元・医療従業者

看護師求人転職サイトは、求人を募集している病院に看護師を紹介することで紹介料を受け取ってるからね。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

看護師はどこも人手不足だから、お金を払ってでも人が欲しいんですね。

 

病院側は看護師求人サイトにお金を払っていい人材を紹介を紹介してもらうということです。

看護師求人サイトの収入は医療機関への紹介料になっていて、その額は紹介する看護師の想定年収により違ってきます。

なので、看護師は完全無料で利用できるというわけですね

 

元・医療従業者元・医療従業者

転職の成功率をあげるには、看護師求人転職サイトを複数利用することだよ。

 

また、あなたの転職の成功率をあげるには最低3つ以上の複数のサイトに登録することをお勧めします

求人転職サイトの利益が紹介料ということで、担当のキャリアコンサルタントの利益もまた紹介料になってきます。

 

キャリアコンサルタントは1人で10人以上の看護師を担当することがあるので、年収が多くもらえそうな看護師や、すぐに転職しそうな看護師を優先してしまうことがあり、あなたの転職に対して真剣になっていないと感じてしまうことがあるかもしれません。

 

元・医療従業者元・医療従業者

キャリアコンサルタントも人間だから合う合わないがあるし、担当替えも面倒だからあらかじめ複数利用していれば時間の無駄にならないでスムーズな転職ができるよ。

 

このようなことを避けるためにも複数の求人転職サイトに登録すれば、複数の担当がつきますので、あなたに真剣になってくれるキャリアコンサルタントに出会える確率が上がるというわけです。

 

求人サイトによって扱っている求人が違うということが多いので、複数のサイトに登録しておけば、あなたにとって条件のいい求人情報が見つかりやすくなるでしょう。

まとめ

30代後半の看護師はコミュニケーション能力が高い看護師が採用されやすい看護師ですが、年齢制限を設けている病院があるので注意が必要です。

そのため、求人転職サイトに登録して担当のキャリアコンサルタントに条件のいい求人情報を見つけてもらったほうがスムーズに転職を行うことができます。