キャリアアップのために認定看護師資格所得を目指す看護師が増えています。

認定看護師を目指す看護師は意識の高い看護師が多いです。

認定看護師は救急看護やがん放射線療法看護、感染管理や手術看護など20種類以上の分野があり、それぞれのスペシャリストであると言うことを日本看護協会から認められなければならないです。

このような認定看護師は、1人だけで目指すのは厳しい部分があります。

そんな中、意識の高い看護師のために認定看護師をになるための支援をしてくれる病院があります

今回は認定看護師資格の支援をしてくれる病院へ転職する方法について解説します。

 

認定看護師の基本情報

 

認定看護師の資格取得を支援してくれる病院へ転職をする前に、認定看護師がどのようなものか確認しておきましょう。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

認定看護師にはどのような役割ですか?

元・医療従業者元・医療従業者

特定の分野のスペシャリストになって、患者やその家族の支援や同僚の看護師の相談や指導を行う立派な看護師だよ。

 

認定看護師とは

認定看護師は特定の看護分野の置いて熟練した看護技術と知識をも地、高水準の看護を実践できる人に対して日本看護協会が認定する資格です。

資格の取得には5年以上の看護師としての経験や、特定分野の3年以上の勤務などあります。

元・医療従業者元・医療従業者

資格取得方法について詳しくは後ほど解説しますね。

 

認定看護師の役割

認定看護師の役割には、「実践指導相談」の3つがあります。

高度化・専門分化シウル医療現場に置いてこの3つの役割を果たすことで看護ケアの広がりと質が向上することが期待されます。

 

【実践】

個人、家族及び集団に対して熟練して看護技術を用いるて、高い水準の看護を実践すること。

 

【指導】

看護実践を通して看護職に対して指導を行うこと。

 

【相談】

看護職に対して相談を受け、コンサルテーションを行う。

 

 

認定看護師一覧

 

現在のキャリアアップできる認定看護師の資格はこちです。

・救急看護認定看護師

・緩和ケア認定看護師

・小児救急看護認定看護師

・新生児集中ケア認定看護師

・がん放射線療法看護認定看護師

・がん化学療法看護認定看護師

・慢性呼吸器疾患看護認定看護師

・摂食・嚥下障害看護認定看護師

・感染管理認定看護師

・透析看護認定看護師

・手術看護認定看護師

・糖尿病看護認定看護師

・集中ケア認定看護師

・がん性疼痛看護認定看護師

・不妊症看護認定看護師

・慢性心不全看護認定看護師

・訪問看護認定看護師

・皮膚・排泄ケア認定看護師

・脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

・乳がん看護認定看護師

・認知症看護認定看護師

認定看護師には21分野があります。

それぞれの分野で看護技術と知識が認められた看護師だけに資格が与えられます。

 

認定看護師の仕事内容

認定看護師の仕事は特定の分野に強いスペシャリストとして自分が勤務する施設とはなしあいなが「実践・指導・相談」を行なっていくことです。

看護分野によって異なりますが、基本的には通常の看護業務に加えて認定看護師としての活動が加わります。

 

病棟や外来だけでなく、外部の診療所や訪問看護ステーションとともに連携するなど活動範囲の幅広く、院内の専門分野の看護について講習会を行なったり、後輩の指導を行なったりすることも役割です。

必要に応じて院外での講演や執筆活動を行なったり、自治体と協力して災害時などの看護に関するプランニングを行なったりすることもあります。

 

部署を超えてでのコミュケーションが増えるため、院内での影響力も大きく、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

 

認定看護師の受験をするためには

 

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

認定看護師になるには試験を受ける必要がありますが、まずはその試験を受けるための条件があります。

看護師として実務経験が5年以上で、認定試験を受ける分野の業務経験が3年以上です。

その上で6ヶ月以上認定看護師教育課程を受講し、修了しなければなりません。

 

この教育課程は昼間の時間帯に行われることが多いため、仕事と両立させるのは非常に厳しいです。

学生時代のアルバイトとは訳が違います。

そのため、認定看護師なることを理由に一旦退職してから教育課程を修了して試験を受け、合格して資格を取得したのちに再就職するというケースが多いです。

この間は収入が減り、教育課程の学費など様々な費用がトータルで約100万円以上かかります。

生活費を入れたらさらにかかりますね。

しかし、認定看護師の資格支援を行っている病院だとスムーズに行えます

 

資格取得での流れ

 

認定看護師になるために必要な経験や、資格取得までの大まかな流れについて解説します。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

認定看護師になるって大変ですけど、資格取得したいな。

元・医療従業者元・医療従業者

認定看護師になるまでの流れを把握しておけばイメージしやすくなるね。

 

実務経験

認定看護師になるには実務経験が5年間です。

この期間は転職・休職などでブランクがあったり、勤務施設が変わっている場合でも換算することができます。

ただし、認定の分野での経験は3年以上必要になりますので注意しましょう。

 

認定看護師教育機関に入学

認定看護師の資格取得するには、認定看護師教育機関で6ヶ月・615時間以上の授業を受講する必要があります。

教育機関の定員は15〜30名程度です。

平日の昼間に授業を行う「昼間集中型」と、週末のみに行う「週末分散型」があり、週末分散型を選べば仕事を続けながら資格取得も可能になります。

ただし、認定看護師教育機関は52施設しかなく、全校各地に点在しているため、お住いの地域に資格を得たい分野の教育機関があるとは限りません。

 

希望の分野が決まっている場合は早めに募集要項を確認しておきましょう。

 

認定審査を受験

認定試験は年に1回、全国5会場(東京・大阪・愛知・福岡・宮城)で同時に開催されます。

試験内容は筆記試験20問と論述問題2問です。

筆記試験の方は4択のマークシート方式です。

共通科目を含めた各認定看護分野の教育基準カリキュラムから出題され、試験時間は100分です。

合格率は全認定看護分野で90%前後ですが、油断しないようにしましょう。

 

認定交付登録

認定審査に合格した場合は、認定料5万円を納入して認定看護師として看護協会に登録します。

「認定証」が交付されれば、認定看護師として活動ができます。

認定看護師は資格保持のために5年毎の更新制度を施行しています。

更新審査では過去5年間の看護実績、検収実績、研究業績などについての書類審査が行われます。

 

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

認定看護師になるまではこの流れなんですね。

元・医療従業者元・医療従業者

5年毎の更新が必要ってことも忘れちゃいけないよ。

 

認定看護になるメリット

 

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

認定看護師になるとどのようなメリットがあるんですか?

元・医療従業者元・医療従業者

知識や技術が身に付くことはもちろんだけど、活動の幅が広がった理、昇進に繋がることもあるよ。

認定看護師になるメリットについて解説します。

 

高度な知識とスキルが身に付く

特定の看護分野について専門的に学ぶことができるため、高度な知識とスキルをみにつけることができます。

特定の専門分野における看護を極めたいと思っている看護師には最高の環境になります。

元・医療従業者元・医療従業者

その分野のスペシャリストになれるってことだよ。

 

病院内での活動範囲が広がる

一般の看護師は自分の配属された部署で看護を行いますが、認定看護師の資格を取得すると自らの判断で他部署にて看護を提供することが可能になります。

そのため、他の看護師や他部署の看護師にその分野のノウハウを提供して指導するなどをおこない、リーダーとして頼られる面が増えるでしょう。

 

夜勤が減る・免除されることがある

認定看護師の資格を活かすことができるのは、患者が起きている日中が中心になります。

そのため、夜勤が免除されるケースがあります。

元・医療従業者元・医療従業者

これは全ての認定看護師ではないので、夜勤をしたくないと考えている場合は確認してくださいね。

 

昇進にプラスになることがある

認定看護師は他の看護師の模倣となる存在なので、重要な仕事をを担うケースが多いことからも管理職へ昇進するチャンスが増えます。

一般の看護師とは違ったキャリアを積むことができるので、転職の際も大きなアピールポイントになります。

 

 

元・医療従業者元・医療従業者

認定看護師の資格取得は大きなメリットになるよ。

昇進して年収アップも狙えるしね。

 

 

認定看護師支援を行っている病院について

 

認定看護師の支援を行っている病院は、教育課程の6ヶ月を有給にしてくれたり、経費を悲嘆してくれるところがあります。

なので、認定看護師を目指している看護師は、退職するのではなく、認定看護師支援を行っている病院へ転職した方がいいです。

しかし実際は認定看護師の資格支援を行っている病院の求人は少ないので、なかなか見つけることは難しいです。

そのため、支援をおこなている病院に転職するコツは、認定看護師の就職率が高い病院や、看護師の教育や育成に熱心な病院を見つけることです。

 

認定看護師になるための費用とは

認定看護師になるための費用とは入学金で約5万円、実習費で約10万円、授業料で約70万円、入試試験料で約5万円、認定調査料で約5万円、認定費用で約5万円で、合計約100万円以上です。

さらに場合によっては引越しの費用や、パソコンやプリンターを持っていない方は買い揃えるための費用などさらに多くかかってしまうかもしれません。

なので、思っている以上の出費になってしまうことになります。

 

認定看護師支援病院の支援内容

こんな時に認定看護師の資格取得の支援を行ってくれる病院が頼りになります。

・入学金負担

・授業料を全額負担

・受験費用や交通費を最大○万年まで負担

・6ヶ月間も有給扱い

 

その支援内容は、入学金を病院が負担してくれて、授業料は全額負担、受験費用や交通費を補填してくれて6ヶ月間有給扱いにしてくれます。

待遇のいいところはこのように、かなりの金額を負担してくれるので、資格をしっかりと取得して恩返しのために病院へ貢献しないといけないですね。

 

元・医療従業者元・医療従業者

認定看護師の資格を得るには絶対に教育機関に通う必要があって、「週末分散型」にすれば働きながら資格取得を目指せるけど、認定看護師資格支援を行なっている病院へ転職すれば、「昼間集中型」で費用を負担してもらって受講することができるよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

費用が高額ですからメリットが大きすぎますね!

 

認定看護師資格支援の病院に転職するには

 

このような認定看護師支援を行っている病院へ転職するには、看護師求人転職サイトを利用することがおすすめです。

資格取得の支援を行っている病院の獣人は非常に見つけにくいので、求人転職サイトの担当コンサルタントに相談して見つけてもらう方がスムーズに行えます。

 

中には一般に募集すると応募が殺到してしまうような非公開求人や特殊で好条件なものもありますので、多岐にわたる求人情報を紹介、閲覧できますから資格取得支援を行なっている病院へ転職できる確率がグッと上がります。

 

さらにこの認定看護師気資格取得するための転職を成功させるには、最低3つ以上の求人転職サイトへの登録がおすすめです。

サイト一つにつき1人のキャリアコンサルタントが担当につきますので、3人以上のキャリアコンサルタントに探してもらえれば求人を見つけてもらえますし、転職のための交渉も行ってくれます。

そのため、成功率はかなり上がるでしょう。

 

認定看護師支援病院が多い求人転職サイトランキング

 

認定看護師支援病院が多い求人転職サイトをランキング形式でお伝えします!

口コミを元に全国の50社以上ある看護師求人転職サイトで比較しています。

※個人差があるので、3社以上登録して担当者を比較しましょう。

 

1位 看護のお仕事

 

看護のお仕事は求人数が全国に130000件以上と豊富で認定看護師資格取得支援を行なっている病院の求人もあ多いです。

担当者に条件を伝えれば見つかるまで探してくれます。

非公開求人も多数阿智、サービスの満足度やコンサルタントの満足度も高いです。

対応エリアは全国です。

 

2位 マイナビ看護師

 

マイナビ看護師は大手転職サイト「マイナビ」の看護師求人転職サイトです。

大きな病院と繋がりが深いため、認定看護師支援をしてくれる病院求人は全国にあります。

担当者も好評で看護師に人気があります。

対応エリアは全国です。

 

3位 ナースフル

リクルートが運営する看護師専用の求人転職サイトです。

大手病院や大学病院などの看護師求人が豊富です、

認定看護師資格支援を行なっている病院の求人は多数保有しています。

対応エリアは全国です。

 

4位 看護roo!

関東・関西・中部のエリア限定の看護師求人転職サイトです。

認定看護師支援を行なっている病院の看護師求人情報を多数扱っています。

関東エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

関西エリア:大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山

中部エリア:愛知・三重・岐阜・静岡

 

5位 ナース人材バンク

求人数が21万件以上あり、年間の利用者数15万人以上の看護師求人転職サイト最大手です。

認定看護師支援病院の求人情報も多く保有しています。

対応エリアは全国です。

 

まとめ

認定看護師と、資格取得する流れについて解説しました。

認定看護師になるには、資格支援を行っている病院へ転職する、費用も負担してくれり教育課程の期間は週休扱いにしてくれるなど非常に助かり、スムーズに行きます。

このような病院へ転職するには看護師求人転職サイトに登録して見つけてもらうのが転職もスムーズに行えます。

登録も利用も完全無料なので利用してみてはいかがでしょうか。