看護師の勤務の仕方には夜勤専従があります。
夜勤専従は仕事が夜勤のみになるので生活に一定のリズムが作りやすく、体調を崩しにくくなります。

一般的に看護師の勤務がハードというのは、夜勤や残業が多いということもありますが、それよりも日勤と夜勤を繰り返すことで睡眠のリズムが取れないことから体力や精神力がやられてしまうことです。

 

夜勤専従看護師は日勤がないので負担が少なくなりますね。

 

夜勤専従は男性看護師におすすめ

 

女性同士の夜勤の場合は何かと不安もあるという人もいますね。

なので男性看護師が重宝されています。

 

元・医療従業者元・医療従業者

男性看護師は力仕事で頼られることが多いよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

重いものを運んだりしてくれると助かりますね。

 

体力的なことを言いますと男性の方が強く、女性が苦手な力仕事も有利なので男性看護師が好まれます。

男性看護師で夜勤専従看護師は採用されやすいのでおすすめです。

 

夜勤専従看護師のメリット・デメリット

 

夜勤専従看護師のメリットとデメリットを紹介します。

両方知っておくことで納得して転職すれば後悔する可能性が低くなると思います。

 

夜勤専従看護師のメリット

夜勤専従看護師は勤務日数が少ないのに高い給料がもらえます。

これは日本看護協会の規定では夜勤で働ける時間の上限が定められているからです。

 

元・医療従業者元・医療従業者

1ヶ月に働ける夜勤の回数に上限がありから1週間の勤務日数が少なくなるよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

週に3回の勤務になる場合が多いんですね。

 

病院の1階の夜勤の時間にもよりますが、だいたいが月9〜10回が夜勤の上限になっていますので、夜勤専従看護師は週に2〜3回の勤務でいいことになります。

日勤がないことから日中は休むのも出かけるの自由になりますし、しかも給料が高いことから人気が増えている働き方になっています。

 

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

夜勤専従看護師になると生活が夜型になってしまいますね。

元・医療従業者元・医療従業者

昼間がないことから生活リズムが安定するというメリットがあるよ。

 

また、夜勤しかないことから夜型の生活になってしまいますがその分生活リズムが作りやすかったりするので体調を崩しにいこともメリットになります。

育児中の方は、昼間は子供の面倒をみて、夜はパートナーに任せて夜勤で働くということもできますね。

 

夜勤専従看護師のデメリット

夜勤専従看護師は生活のリズムが作りやすいということがメリットですが、人によってはこれが体の負担が大きくなってしまいます。

楽そうだからという理由でやって見て、意外と体が辛くなって日勤に戻したとうケースも少なくありません。

これは女性の看護師だけでなく男性の看護師でもあるようです。

 

元・医療従業者元・医療従業者

昼間に働かないから患者との触れ合いの時間が少なくて、情報が乏しくなるデメリットもあるね。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

状態を把握することに苦労するかもしれませんね。

 

また、夜勤専従ということは看護師が比較的に少ない状態での勤務になりますので、昼間の患者と接することがないことから情報量が少ない中で状態を把握しないといけません。

ある程度の臨床経験が豊富でないとスキルや知識が足りなくて急変に対応しきれないということもあります。

 

夜勤専従看護師の求人が多いサイト

 

夜勤専従看護師として転職するのなら看護師求人転職サイトを利用すれば求人が見つけやすいです。

夜勤専従看護師の求人数が多い看護師求人転職サイトをランキング形式でご紹介します。

 

1位 看護のお仕事

看護のお仕事は求人件数が130000件以上もあり、全国のエリアに対応している求人転職サイトで、その中には非公開求人も多数保有しています。

そのため、夜勤専従看護師の求人も多いです。

電話対応も24時間行なっていますので、気軽に利用できるのも魅力です。

▼看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』の看護のお仕事転職サイト▼

>>看護のお仕事<<

2位 ナースパワー

ナースパワーは全国に13拠点あり、どのエリアにも対応できる看護師求人転職サイトです。

特に短期派遣に強く、夜勤専従看護師の求人も多数扱っています。

高給与の求人にも強く、全国対応なのでおすすめです。

 

▼看護師専門の職業紹介所として全国初の労働大臣許可事業所の看護師転職サイト▼

>>ナースパワー人材センター<<

3位 マイナビ看護師

転職のプロであるマイナビの看護師版です。

対応が素早く、コンサルタントがプロなので対応は丁寧であることからとにかく評判がいい看護師求人転職サイトです。

顧客満足度も高く、男性看護師にもおすすめです。

▼日本全国にオフィスを展開で半数以上が非公開求人の転職サイト▼

>>マイナビ看護師TOP<<

 

夜勤専従看護師を選ぶ注意点

 

夜勤専従看護師は非常勤扱いのところが多いです。

託児所や看護師寮が利用できなかったり、有給がもらえないなど福利厚生面でハンデがありました。

しかし現在では正職員扱いをしてくれるところが多数あります。

正職員なら福利厚生がしっかりと受けれます!

そのため、夜勤専従看護師として働く場合は必ず正職員の扱いをしてくれるところへ転職しましょう。

 

キャリアコンサルタントに相談しよう

看護師求人転職サイトに登録するとキャリアコンサルタントが担当についてくれます。

夜勤専従看護師として勤務する時に正職員として働けるかどうかはキャリアコンサルタントに調べてもらうと効率がいいです。

 

元・医療従業者元・医療従業者

先に正職員として働けるところを探してもらうようにお願いしておくといいね。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

人間関係がいいかも気になります。

 

キャリアコンサルタントは転職を成功させるために動いてくれます。

あなたが納得して転職するために気になることを調べてくれます。

例えば人間関係がいいかどうか知るために1年間の離職率や平均勤続年数など調べてくれます。

 

複数のサイトを活用する

看護師求人転職サイトは複数利用することをおすすめします。

サイトによって扱っている求人が異なるので、複数登録すれば見つかる可能性が上がります。

中には条件の良い非公開求人があり、特に非公開求人はサイトによって異なることが多いです。

 

元・医療従業者元・医療従業者

非公開求人は一般公開すると応募が殺到するような求人だよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

応募が殺到すると採用する病院側で対処するのに苦労しちゃうんですね。

 

また、当たり前のことなのですがキャリアコンサルタントは人間です。

なので相性というものがありますね。

なんとなく頼りなさそうに感じたり、転職に真剣になってくれていないと思うことがあるかもしてません。

そんな時には複数のサイトを利用していれば複数人のキャリアコンサルタントが担当についてくれているので、不満に思ったらその求人転職サイトを退会すると良いでしょう。

 

まとめ

夜勤専従看護師の転職は今回紹介した看護師求人転職サイトに登録して、担当のコンサルタントに相談しましょう。

自分にはどれだけのスキルがあるかなどアピールするのもいいですね。

 

夜勤の看護師は人数が少ない中で仕事をするので、なんでも一人でできるようなスキルやキャルあが求められます。

その点に不安を感じるかもしれませんが、担当のコンサルタントに相談して見てはいかがでしょうか?

 

その不安を無くしてくれるかもしれませんし、夜勤専従の勤務よりもっと好条件の勤務先を紹介してくれくれることもあります。

また、夜勤専従の求人を見つけるには以外と難しいので、複数の看護師求人転職サイトに登録することをお勧めします。

 

サイトによっては扱っている求人、特に好条件な非公開求人が違うと思っておいた方がいいでしょう。

どのサイトも登録は無料なので、あなたの転職の成功を確実なものにするには複数のサイトに登録して、比較してみてはいかがでしょうか。