看護師が転職するときに友人や知人の紹介で転職するという人がいます。

これは入植しやすいというメリットもありますがデメリットはもちろんあります。

今回は看護師が友人や知人に紹介されて転職するメリットとデメリットについて解説します。

 

友人知人の紹介で転職するのは良いのか?

 

友人や知人の紹介で転職するのは良いことなのでしょうか?

そのメリットとデメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

 

友人や知人の紹介で転職するメリット

同じ看護師として働いている友人や知人に紹介されて転職するという看護師も少なくありません。

友人や知人からの紹介では事前に情報が得られるので、業務内容や人間関係を知れることは大きなメリットになります。

実際にの働き方のイメージができますし、敵に回してはいけない先輩の存在を知っていれば、人間関係を良好に築きやすいです。

これは通常の転職方法では知り得ないことなのでどの転職方法よりも安心できます。

また、採用する側も職員の友人や知人ならどのような人かを事前に知ることが可能で、その職員に信頼があれば採用されやすくなりますし、最初からいい印象を持ってもらうことができます。

 

友人や知人の紹介で転職するデメリット

友人や知人の紹介で転職するデメリットは、辞めにくいというところです。

紹介で入ったので、その紹介者がいるうちはそのメンツを潰してしまうことや、迷惑になってしまうことになってしまうので、人間関係がギクシャクしてしまうかもしれません。

なのである程度我慢して働くということになるかもしれません。

これは大きなリスクとなってしまいます。

また、退職が厳しくなるというデメリットの以前に面接時でも、給料や待遇面での交渉をしにくいというデメリットがあります。

紹介してくれた友人より多い給料や、待遇面が良くなると友人関係にひびが入ったり、そうならないために紹介者の方にも同じようにしなければいけないなど頭を悩ませてしまうかもしれません。

採用はほぼ確実というメリットがありますが、もしかしたら心象を悪くしてしまうかもしれませんので迂闊な交渉ができません。

 

転職サイトを活用する方がいい?

 

友人や知人の紹介で転職するよりは転職サイトを活用させる方がいいです。

デメリットである退職しにくくなり、ある程度我慢してから退職となることで友人に迷惑をかけてしまうということが一切ありません。

また、ある程度の能力が備わっていないと友人のメンツを潰してしまうかもしれないので、自身がないのなら友人の紹介で転職するのは避けた方がいいでしょう。

 

転職サイトの活用なら気兼ねなく探すことができます。

友人の紹介では業務体系や人間関係を深くしれますが、転職サイトのコンサルタントに相談すればある程度情報は知ることができる場合があります。

友人や知人の紹介は限定的ですが、転職サイトならその選択肢の幅は広がります。

こう考えると友人や知人の紹介で転職することよりも、転職サイトで探す方がメリットが大きく、デメリットは少なくなります。

看護師の転職サイトで転職の成功率をあげるには、最低でも3つ以上の転職サイトに登録することをお勧めします。

転職サイトによって扱っている求人情報が違うこともありますし、担当のコンサルタントも必ずしも相性のいい人に巡り会えるとは限りません。

病院側も転職サイトに求人を出すのはコストがかかるので、一つの転職サイトにしか登録しないということはあります。

なのであなたにとって最良の求人情報を見つける可能性をあげるためには、複数登録する方がいいということになります。

 

まとめ

友人や知人の紹介で転職するメリットは、内部の情報をあらかじめ詳しく知れることですが、デメリットとしては退職しづらくなり、友人関係にヒビが入るかもしれないということです。

実際私も学生時代の友人が私の務めている勤務先に興味を持ち、紹介する形で入職しましたが、その後人間関係は崩れてしまい、今では疎遠になっています。

転職サイトで求人を探せばこのようなことはないですし、看護師専用なので、様々な情報を知ることができます。

登録も活用も全て無料なので利用してみてはいかがでしょうか。