産休や育休は法律で定められた権利なのでどの職場でもとることは可能ですが、取得実勢は規模が大きい病院ほど多いようです。

看護師は慢性的に人手不足なので、出産をして育児がある程度手がかからなくなった後に復帰する看護師も少なくありません。

今回は産休や育休の取得実績のある勤務先をランキング形式で紹介します。

 

産休や育休実績のある勤務先ランキング

産休や育休の実績がある勤務先を紹介します。

ランキング形式で紹介しますね。

 

1位 大学病院

大学病院は待遇面も給与面も優れているので産休や育休のしぃとく実績はトップです。託児所を併設していることが多いので、結婚、出産後に育児と両立させながら働く看護師も少なくありません。

勤務年数が多いと給与は上がりますし、年間休日は120以上あるところがほとんどです。

周囲の看護師も産休や育休を取るのは当たり前という雰囲気を持っていますので取得しやすいです。

 

2位 総合病院

大手の総合病院は看護師の人数が充足しているので産休や育休の取得実績が多いです。

しかし、看護師不足に悩む総合病院も存在するのも事実です。

それでも退職しないで戻ってきてほしいという病院は多いので、積極的に援助する病院が多いので産休や育休は取得しやすいです。

 

3位 一般病院

一般病院は総合病院より充実している福利厚生になっているところが多く、産休や育休を取る看護師は少なくありません。

看護師の人数はそこまで多くないですが、大半が産休や育休から復帰するほとが多いので、取得しやすい勤務先ではあります。

 

4位 療養施設

療養施設は急変が少なく残業が少ないのでブランクがある看護師に人気な勤務先です、働きやすい条件が揃っているため産休や育休を取得する看護師が多いです。

妊娠前から療養施設で働いている看護師は産休や育休を経験して戻ってくるという人が多いのも療養施設の特徴です。

 

5位 透析クリニック

透析クリニックは比較的看護師の人数が多く一人が抜けても負担が少ないです。

そのため、産休や育休を経験して復帰する看護師は多いです。

透析クリニックでは一連の治療に臨床工学技士も携わりますので、その場合は協力しあってシフトを組んでいくというところが多いです。

また、透析クリニックにかかわらず、看護師が多いクリニックは比較的に産休や育休を取得して戻ってくる看護師が多いです。

 

産休や育休取得実勢がある勤務先を探すには

 

産休や育休の取得実績がある勤務先に転職するには、看護師の転職サイトを活用させることがおすすめです。

それ以前に産休や育休は労働基準法が定めた権利ですので取れないということはありません。

しかし、人員が不足している施設ではいい顔をしないスタッフがいるのも事実ですので、規模が大きい病院の方がそのような心理的ストレスがなく安心して産休や育休が取得できます。

転職サイトには産休や育休を取得しやすいことをアピールしている病院は多いです。

なのでそれ以外に、ブランクがあっても大丈夫なのか、託児所が併設されているかなど、他の条件を加えて検索すれば絞られてくるでしょう。

また転職サイトには担当のコンサルタントがつくので色々と相談すればあなたにあった勤務先を紹介してくれるでしょう。なので不安にならず安心して見つけることができるはずです。

 

まとめ

産休や育休は法律で定められた権利なので取得できないということはありません。なので、復帰しやすかったり託児所が併設されているところなど他の条件を加えてみるのもいいでしょう。

このような勤務先を探すには転職サイトを活用させることでスムーズに見つかります。

しかし注意して欲しいのが、転職してすぐに産休や育休に入ってしまうのは一緒に働く人の心象を悪くしてしまうためやめた方がいいです。

将来的に産休や育休が取れようにするための、早めの行動にした方がいいですね。