私は臨床工学技士として病院に就職してから
医療モノのドラマを全く見なくなりました。

 

いや、見たことはあるのですが
現実を知ってしまうと陳腐に感じたり
ありえねーよってツッコミを入れてしまいます。

 

某ドラマで
いくら心臓マッサージしても戻ってこなかったのに
なきの一撃で戻ったのは奇跡を演出したかったのでしょうが
私は冷めてしまいました。

ああ、これダメなやつだとはっきりわかります。

 

ちゃんとした人が脚本を書いているものは
それなりに面白いものがありますが
それを見分けるのもめんどくさいですし
ハズレに当たると時間の無駄だったと思うので
最初から見るのを辞めます。

 

最近のドラマはその辺をしっかりと演出しているかも知れませんがもはやドラマ自体見ないのでいいです。

今ではテレビ自体を全く見ないんですけどね。

 

それにどのドラマでも
臨床工学技士の役がオタクっぽいのが
納得できません。

 

めちゃくちゃイケメンな
臨床工学技士もいるのに……

 

 

あとは見る気が失せたドラマで
臨床工学技士のことを
臨床工学士と明記していました。

 

当時これからそれを目指していた自分としては
「はぁ?」と怒りを覚えたものです。

 

それまで面白いと思っていたのに……

その後抗議があったのか
ドラマ内で修正があったようです。

 

 

ちなみにですが私が医療系で面白いと思ったのはチーム・バチスタの栄光です。

 

あれは医療というよりかはミステリーですけどね。

 

 

これは私のような臨床工学技士よりも
看護師さんの方が多いのではないでしょうか?

 

 

看護師さんの方がより密接に医師との関係を持っていますし
現場のことを理解しているはずです。

特に手術室勤務の看護師さんは
思うことが多いのではないでしょうか。

 

 

医療ドラマの花形は
何と言っても手術シーンなので

 

 

家族で見ているときに
横でツッコミを入れると
うるさいとか言われそうですね。

 

私も彼女と見ているときに
「ありえねーよ」って呟いたら
めちゃくちゃ怒られました。

 

感動が台無しだって言われてまあ医療の現場を全く知らない人からすれば感情移入したりするのでしょうね。

知らない方がいいことがあるというのは
こういうこともいいのでしょうか。

 

 

世間で話題になっている面白い医療ドラマ
それが映画化してさらに盛り上がる。

 

 

その感動を私は受けれないので。

ただ、ものすごくリアルだなと思ったと
大学病院で働く友人に言われたシーンがあります。

なんのドラマか、だれ役かは覚えていませんが
カップラーメンを食べようとしているシーンがありました。

 

 

しかし救急車が来るという連絡を受けてため息をつき
「また食べられないか」とぼやいていました。

 

 

聞いた話ですが救急病棟ではリアルらしいですね。

肯定的に見ると医療ドラマでは
命の重さや医療の現場の過酷さを
ドラマという形で伝えているとことも感じられます。

災害のような出来事が起こり
トリアージタッグをつけているシーンは
特にそう思います。

あらは見ていて心が痛みます。

 

 

もしかしたら私は
医療の現場で心が痛むリアルを見たいるのに
ドラマという空想の世界でも心が痛むことが
嫌で避けているのかもしれません。

ホラーやサスペンス、ミステリーの場合は除きますが
ドラマや映画、アニメで
登場人物が死ぬシーンは辛いので

 

私の場合は人間よりも
動物が死ぬシーンの方が見てて辛いですが。。。

 

私の場合は偏りがあったり捻くれているのかもしれませんが
看護師さんたちの中でも医療ドラマを
素直に楽しめない人は多くいると思います。

 

 

もしかしたら私が弁護士や検事などの法曹界の人間だったら
「HERO」や「リーガル・ハイ」などのドラマを
楽しめなくなっているかもしれませんね。

 

好きなことを仕事にしてしまうと
それを楽しめなくなってしまうという意見も
わかる気がします。

ただ、ドラマや映画を見て憧れを抱いて
その道に進むきっかけになるということは
素晴らしいと思います。

 

 

どんなきっかけでも
夢を持つことはいいことなので。