50代看護師の悩みあるあるをご紹介します。

まだまだ管理職として頑張っていることが多いのが50代看護師です。
仕事とプライベートの悩みを含めての紹介になりますがあてはまる看護師も多いでしょう。

 

転職できるのか不安

看護師という職業は経験を積めば積むほど高く評価されて転職に有利ですが、50代となると年齢で大丈夫かどうか心配になってくる看護師も少なくないです。

年収をアップさせたいことやキャリアップを考えている看護師も少なくないです。

結論から言えば転職は可能です。

看護師は慢性的に人手不足なため転職できるケースは多いですが、年収を上げる目的での転職は厳しくなります。

転職サイトでは50代看護師でも親切丁寧に対応してくれます。

 

体力的にきつい

50代看護師は20代や30代とくれべて体力は落ちています。それゆえ厳しいハードな仕事をバリバリこなすのは難しくなります。

20代でもハードだと感じた仕事は50代はもっと厳しいようです。

立ちっぱなしの仕事だと腰に響いたりしますし健康面でも気を使わないといけません。

病棟勤務の夜勤は年齢に関係なくシフト勤務で不規則な勤務たいで行いますのでかなり辛くなるようです。

ただせさえや金でも厳しいのに日勤でも辛くなるのがこの年代です。

 

介護との両立

介護が必要な両親を老人ホームに入れたほうがいいのか、自宅で一緒に暮らすのかを考えてし舞うことで頭を悩ませている看護師も少なくありません。

同居の場合が仕事との両立が厳しくなります。

それゆえ退職せざる得ない場合が多いです。

退職してもお金を稼がないといけないため、介護と仕事を両立できる仕事を探さないといけません。

50代看護師となると看護師以外の転職はきびしくなるのでパートなどになることになりますが、収入は激減してしまいます。

それゆえ介護の悩みは自分の将来の大きな負担となることが多くなります。

転職サイトに相談すればそのような状態でもいい職場を探してくれるかもしれないので是非活用してみてください。

 

健康問題

自分の健康だけでなく家族の健康を心配するなど50代看護師には多いです。

普段から健康の管理に気をついけていても体のあちこちに不調が出てくることも少なくありません。

仕事もプライベートのスケジュールを守るためにも今まで以上に健康管理には気をつけないといけません。

 

まとめ

50代看護師の悩みは体調面での悩みが多いです。

その対象は自分の体調もありますが、家族の健康問題や、両親の介護問題ものしかかってきます。

しっかりと家族の健康管理をして仕事と両立させて胃ですが、シフト制の病棟勤務で夜勤を行うと自分自身の体が悲鳴をあげて入院ということになるかのしれません。

50代看護師でも転職は間に合いますので検討して見てはいかがでしょうか。

転職サイトのアドバイザーが丁寧にあなたの状況やキャリアにあった仕事を紹介してくれるはずです。

転職サイトのポイントは3つ以上活用させることです。
そうすることであなたの転職の成功する確率がぐっと上がります。