新卒で入職して、数年しか立っていないまだまだひよっこと言われてしまう20代前半の看護師の悩みは、仕事に慣れないとか責任感に耐えれないなど、経験が浅いことの理由が多いですね。

あとで振り返って見たら「そんなこともあったな〜」としみじみと思えるようなことだとしても、今は今で大変ですね。

20代前半の看護師は覚えることが多かったり、後輩ができた場合はさらに大変になりますが、転職しても大変さはそんなに変わらない事があるので注意しておきましょう。

今回は20代前半の看護師の悩みについて解説します。

 

20第前半の看護師の悩みについて

 

新人看護師やまだ働いて数年もたっていない看護師にはどのような悩みが多いのでしょうか?

多くの声が挙がったものをまとめました。

共感される方も多いのではないでしょうか?

 

仕事に慣れない!

看護師の仕事は新人にとっては非常に厳しく感じます。

看護学校で学んだことだけでは知識が全然足りず、経験も少ないのでイレギュラーなことが起こるとパニックになってしまうころがあります。

そのため毎日勉強の連続で知識を深めていかないとけないですし、数をこなして経験を積まないといけません

これに慣れるまでは時間がかかり、疲れてしまうことが多くなるでしょう。

 

まだまだ半人前であっても患者さんにとっては同じ看護師ですので、求められることは同じになります。

それにもかかわらず処置がうまく行かなかったり、どうしていいかわからないと凹んでしまう事が多いでしょう。

 

先輩も厳しくて怒られるなど、やめたくなってしまう事もあるかもしれません。

そんな仕事に慣れないという悩みが20代前半の看護師には一番多いです。

 

スキルアップができない

就職する病院を間違えてしまったら、看護師としてのスキルアップができない場合がります。

教育制度がしっかりしていなく、研修もいい加減だったりと環境に不満を持つ看護師も多いでしょう。

その場合は早めに教育制度がしっかりとしたところへの転職をお勧めします。

 

看護学校の病院実習を行っている病院でしたら教育制度がしっかりとしている病院が比較的多いです。

看護求人サイトを活用すればアドバイザーが詳しく話してくっれますのでよろしければそちらも頼って見てください。

 

意欲を持って仕事をしたいのに、スキルアップが望めなければ腐ってしまうので、まだ速いと思っても転職をした方がいいですね。

辛くて辞める転職ではなくて前向きな転職では採用もされやすくなります

 

医療事故の不安

看護師になると一つのミスが取り返しのつかなような事態になってしまうなど不安があります。

病院は命を預かる場なので緊張感を持っていないといけないです。

 

最初のうちはそこまで重大な仕事を任されるということはなく、小さなミスなら先輩の看護師がサポートしてくれます

医療事故はあってはならない事なので、起こさないためには知識をつけたり経験を積むことが最善であり最速なので、その不安は自分でどうにかするしかないです。

 

プライベートな時間がない

看護師は残業や夜勤などでプライバーとな時間が持てないことがありあます。

多忙で激務ですからね。

プライベートの時間どころか、身体を休ませる時間もなくて体調が悪くなるほどの激務になってしまった場合は転職を考えた方がいいですね。

 

自分の身体が一番大事ですから。

 

仕事量・雑務が多い

20代前半の看護師が悩むのは、自分に合った職場での仕事に慣れてくれば比較的に解消しやすいものが多いです。

夜勤も慣れれば楽になりますし、仕事も覚えていく事で随分緊張する事もなくなって精神的にもストレスなく仕事ができるようになります。

なので、ある程度慣れるまで頑張る事が必要かもしれませんね。

 

悩みすぎて仕事を辞めたいと思ったら

 

20代前半の看護師が仕事に対して悩んでストレスがたまると、辞めたくなる事もあるでしょう。

実際に、看護師の仕事を辞めてしまう人は多いです。

看護師は慢性的な人手不足で仕事量が多かったり、のしかかかる責任によるプレッシャーに耐えられなくなってしまう事が多いです。

こうして看護師の資格を持ちながら看護師を辞めてしまった人を潜在看護師と言います

 

潜在看護師の多くはまた看護師に戻りたいと思っている人が多いです。

 

潜在看護師が看護師に戻りたいと思う理由

潜在看護師が看護師として戻りたいと思う理由は、第一に看護師の方が給料が多いからです。

看護学校を卒業した人は、専門性が高すぎるゆえに看護師以外の仕事につくには厳しい事が多いです。

 

就職できなくてアルバイトをするという人もいます。

アルバイトは毎日仕事をしても月収はせいぜい13万〜15万程度です。

正社員では無いのでボーナスはなく、生活するだけで必死になってしまいます。

 

また、水商売の仕事をする潜在看護師もいます。

キャバクラ嬢は時給が高いので収入は高額になりますが、数百万や億を稼ぐキャバクラ嬢はごくごく一部で、彼女たちも相当な努力をしています。

 

なので簡単に稼げる仕事なんて無いんですね。

キャバクラ嬢になってそれなりに稼いでも、歳を重ねていけば需要がなくなり、収入が下がってしまう人が多いです。

そんな時に思うんですよ。

「看護師に戻りたい」と。

 

看護師は比較的ブランクがあっても復帰しやすい職種ではありますが、20代前半で辞めて30代で復帰するというのは、基本的な知識がかけている部分と、経験が浅すぎるので雇ってくれるところも少ないです。

なので、20代前半のうちは看護師を辞めるということはやめておいた方が無難です。

 

その病院が合わないと考える

あなたが看護師の仕事が向いていないのではなく、その病院があなたと合わないと考えてみてはいかがでしょうか

人手不足すぎるから仕事量が多くて辛い。

指導する先輩の教え方が自分とは合わない。

希望する配属先では無い。

少しモラルにかけるのかもしれませんが、どうしても辛い時は職場を理由にして、他の職場に目を向けてみてはいかがでしょうか

 

転職先があなたの条件にぴったりで、やりがいをもつ事があるかもしれません。

 

もちろん、自身が努力をする事が大切です。

勉強など努力を何もしないのに、全て職場のせいにするのはいけません。

 

一度リフレッシュな気持ちになって一から初めてみるということも、悩みをもつ看護師の方法の一つです。

 

転職なら看護師求人転職サイト

転職をするときは、ハローワークやナースセンター、求人情報誌などたくさんありますが、看護師求人転職サイトを利用する事がベストです。

看護師求人転職サイトに登録すると、転職のプロであるキャリアコンサルタントが担当についてくれます。

キャリアコンサルタントに条件などを相談すると、それに沿った求人情報を紹介してくれます。

また、病院と密接な関係を持っている求人転職サイトは、その病院の人間関係の良さ、1年間の離職率などあなたが気になるところまで調べてくれます。

 

焦らないでじっくりと選んでみるのもいいですね。

 

 

まとめ

20代前半の看護師は以上のような悩みを多く持っています。

はじめだから仕方がないこともありますね。

仕事は覚えることが多くて辛く感じても、慣れてくれば楽しくなってくることもありますので、前向きにひたむきにやって見てください。

職場の環境が悪くてスキルアップが望めなかったり、体調を崩すようなことがあったら転職を考えて見ましょう。

20代前半の看護師は辛くても看護師の仕事は辞めずに、他の病院で働くという考えを持って方がいいですよ。