透析クリニックに転職しようと考えていますか?

病棟で夜勤や残業が辛くて、夜勤のないクリニックに転職しようと考えますよね。

透析クリニックは血液透析をメインに行う業務で、基本的には外来のみで入院設備がないので日勤のみの勤務です。

 

ではその透析うクリニックの給料がどのくらいなのか気になりますね。

今回は透析クリニックの給料について解説します。

元・医療従業者元・医療従業者

参考までに臨床工学技士は都内の透析クリニックで年収480万くらいだったよ。看護師さんはそれ以上だね。

 

看護師は高収入を透析クリニックで得られるのか

 

看護師転職で高収入になりたいって思いますよね。

では透析クリニックで高収入になることができるのでしょうか?

 

透析看護の平均収入は450万円です。

ちなみに厚生労働省の調査によると看護師の平均年収は470万円です。

 

元・医療従業者元・医療従業者

数字だけ見ると少なく見えるかもしれなけど、夜勤無しでこの年収はかなり多いよ。

 

こうして比較すると全然高収入じゃないって思いますよね。

でも看護師の平均年収は、夜勤をやっている看護師の年収を含めての平均年収なんです。

なので、夜勤のない日勤のみが多く、準夜勤があっても22時〜23時ごろまでの勤務なので深夜まで働くということはありませんね。

 

そう考えると透析クリニックの平均年収の450万円は高収入と言えるのではないでしょうか。

他の日勤のみのクリニックの年収は380万円〜400万円程度なので、透析クリニックの仕事は高収入と言えますね。

 

透析クリニックの業務は?

 

透析クリニックの業務はどのようなものでしょうか?

では私が経験したこともふまえて簡単にご紹介します。

 

透析準備

透析の準備を行います。

これはダイアライザーに血液回路を繋げて生理食塩水で洗浄して充填させるプライミングや、透析中に使用するヘパリンなどの抗凝固剤の準備などです。

クリニックによっては前日にある程度穿刺用の針まで準備するところが多いですが、穿刺前に使用する針を準備するというところもありますね。

また、透析前や透析後に入れる薬剤の準備も行います。

 

元・医療従業者元・医療従業者

全部を看護師のみが行うわけじゃなくて、臨床工学技士などの他の職種の人と強力して準備するよ。

 

穿刺・返血・抜針・止血

透析開始のために患者さんに2本針を刺します。

針に透析回路を繋げて徐水量を計算して入力して透析開始をします。

3時間〜4時間後透析が終了したら返血を行います。

血液を戻したら針を抜いて止血です。

 

元・医療従業者元・医療従業者

この間にバイタルチェックや、徐水量の計算や入力が間違っていないかダブルチェックも行うよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

安全に透析を行うことが第一ですね。

 

元気な患者さんには自己止血をしてもらうこともありますが、指に力が入らない高齢者の患者さんにはスタッフか止血介助を行います。

止血が完了したら患者さんには体重を測定してもらって終了です。

 

透析中の業務

患者さんは3時間〜4時間透析の治療を行い、その時間に看護師は何も仕事を行わないというわけにはいけません。

透析中は患者さんの健康状態をチェックしたり、透析機の警報が鳴ったら確認しにいき、時間ごとにバイタル測定を行います。

 

元・医療従業者元・医療従業者

バイタル測定は自動血圧計で行うところが多いけど、患者さんの顔色を確認するために手動で行うところがあるよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

患者さんによっては自動血圧計を嫌いますしね。

 

また、徐水量が多すぎる患者さんなどは急変する可能性もありますので、もしも急変した場合はその対処を行います。

なので最低でも1人は透析室に看護師がいないといけません。

 

また、透析クリニックではこの時間で発注などの雑務を行う看護師もいます。

 

透析患者さんへの指導や説明

透析患者さんへの指導や説明を行うのも看護師の業務です。

透析患者さんは腎不全患者なので飲水量が体重の増え幅になり、前回の透析後よりも大幅に増えていた場合は、食事を見直すなどの指導を行います。

 

元・医療従業者元・医療従業者

透析患者の体重の増え幅は飲水量なんだけど、水を飲む理由が塩分だから、塩分が低い食事を食べるように指導を行うんだ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

栄養士さんがいる透析クリニックなら、具体的な調理法などを提案してくれる事もありますね。

 

患者さんによっては毎回何を食べたかなどのメモを渡してくれますが、そうでない場合は看護師が何を食べたのかを確認して、塩分が高いようなものを食べているような注意して改善に努めます。

 

また、透析の内容についての説明を患者さんや同席しているご家族の方へ説明を行います。

医師が行うこともありますが、看護師が説明することが多いです。

 

元・医療従業者元・医療従業者

透析患者さんはずっとこの透析の治療を受けなければならないから、自分の体を守るためにもいろいろなことを知っておかなければいけないからね。

 

高収入を得るために透析クリニックで働くメリット

 

透析クリニックでの仕事で高収入になることがわかりましたね。

では透析クリニックで働くこと、高収入を得ることはどのようなメリットがあるかについて解説します。

 

夜勤がない

透析クリニックは外来のみで基本的には深夜勤務の夜勤はありません。

総合病院や大学病院の透析室では入院患者の透析も行いますが、緊急で透析を行う場合は臨床工学技士やICU勤務の看護師が立ち会うので透析室の看護師が夜勤を行う必要がありません。

透析クリニックでは仕事をしている患者さん向けに準夜勤で22時〜23時ごろまで透析を行なっているところもあるので完全に日勤のみということにはならないことがありますが、深夜の夜勤はありません

 

準夜勤の時にくる外来の患者さんは働いている方ばかりなので元気なので基本的に急変などはありません。

元・医療従業者元・医療従業者

徐水量が多すぎる患者さんは透析終了後に血圧が戻らなくて、血圧が戻るまで待つ残業があったけど、基本的には定時で帰れるよ。

 

ライフスタイルに合った働き方ができる

透析クリニックの看護は専門性が高いという特徴があります。

高齢化が進む中で今後も透析看護は需要が高まっていくでしょう。

 

なので透析看護の経験を積んでおけば、妊娠や出産、育児などで一時的に看護の現場を離れても復帰しやすくなります。

 

また、経験があれば育児が落ち着くまで時短制度が合ったり、準夜勤がなく日勤のみで勤務するということも可能な透析クリニックがあります。

元・医療従業者元・医療従業者

日勤でしかも月曜から金曜までで土曜日は出勤しないっていう看護師さんも透析クリニックにいたよ。実力があって融通が利く病院ならこのようにライフスタイルにあった働きができるね。

 

残業がほとんどない

透析クリニックの仕事は、予定していた仕事通りに終わるというケースが多いです。

外来で来院する患者は決まっていて、緊急で透析を受けに来たりすることはありません。

クリニックによっては、患者さんの透析をスタートする時間があらかじめ決められているところもあれば、入室順に行うこともあります。

患者さんが遅刻するなどで予定が狂う場合がありますが、基本的には遅刻による大幅な延長はありません。

元・医療従業者元・医療従業者

機器の洗浄の時間が決まっていることが多いから伸ばしたくても伸ばせない場合があるよ。でもその場合個人用の透析機を利用すれば予定通りの時間で透析ができるけど、この場合でも何十人も行うことじゃなくて1人か2人だから、看護師さんの日常の業務に大きな支障がないから定時で帰れるんだ。

 

キャリアアップを狙える

透析クリニックの透析業務は専門性が高く、キャリアアップも可能です。

しかもその選択肢が多いです。

 

普通のクリニックに勤めている場合はルーティンワークに追われてキャリアアップしにくいですが、透析クリニックなら関連する資格が多いのでキャリアアップすればそれがモチベーションに繋がりますし、給料アップに繋がる場合もあります

 

透析クリニックで働くデメリット

 

透析クリニックで働くデメリットについて解説します。

メリットとデメリットを比較して、働きたいと思ったら転職するといいですね。

 

業務がマンネリ化しやすい

透析クリニックの看護は覚えることが多いですが、基本的なことを覚えて仕舞えば業務がしやすいというメリットに反面、作業に慣れすぎてマンネリ化してしまうというデメリットがあります。

急変などは少なく、救急もありません。

そのため、やりがいを見失ってしまう場合もあります。

 

元・医療従業者元・医療従業者

逆にそれに慣れてしまうと他の仕事はしてくないって看護師もいるよ。

 

コミュニケーションが難しい

患者さんは基本的にはずっと来院し続けます。

看護師は患者さんを選ぶことはできないのでその患者さんとずっとコミュニケーションをとっていかないといけません。

コミュニケーションがうまくいかないと後の業務に影響を与えてしまうことがあります。

 

透析は命に関わる仕事なので、下手なことをいうと反感を買われてしまうこともあり、誰よりも詳しく、そしてコミュニケーションをとっていかないといけません。

 

元・医療従業者元・医療従業者

患者さんとのコミュニケーションは、穿刺の技術よりも大切だよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

上手にコミュニケーションをとって信頼関係ができていたり仲良くなっていれば、穿刺に失敗したとしても許してくれる場合がありますからね。

元・医療従業者元・医療従業者

気むづかしい患者さんだと、一度のミスを毎回ネチネチ言ってくることがあるからプレッシャー担ってりするよ。だからコミュニケーションが大事なんだ。

 

一度失敗すると後の看護がしにくくなる

最初の頃は覚えることが多くて新人として患者さんに煙たがれることがあります。

透析患者さんの治療には穿刺をします。

この穿刺に失敗されることが透析患者さんでは多いですね。

 

特に透析用の針となると17Gや16G、人によっては15Gの患者さんもいます。

なので普通の注射用の針よりも痛いですね

 

元・医療従業者元・医療従業者

一度スタッフに刺してもらって痛みを知っておくと患者さんの気持ちがわかるよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

耐えれない痛みではないですけど、痛いものは痛いですね。

元・医療従業者元・医療従業者

後輩の練習のために、1日に7本刺されたことがあったな。

痛かった・・・

 

これを失敗されるとなると、同じ痛みをさらに与えてしまうことになり、患者さんは嫌がります。

患者さんの機嫌を損ねてしまうと「もう穿刺に来ないでくれ」と言われてしまうこともあります。

なのでその後の看護がしにくくなってしまいます。

 

普通の看護業務ができない

透析クリニックの業務はある意味特殊な職場です。

業務内容は病棟や一般の内科や外科に務める看護師とは大きく異なります。

そのため、透析クリニックで長く働いていると普通の看護業務ができなくなってしまい、技術の向上が見込めません。

 

元・医療従業者元・医療従業者

臨床工学技士の業界でも、新卒で透析クリニックに就職すると他の分野への転職ができなくなるって言われてたよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

専門性が高いからですね。

元・医療従業者元・医療従業者

でも、実力があればそんなことは関係なく大学病院や総合病院にスカウトされたりして転職も十分可能。

 

合う合わないがある

先ほど解説した通り、透析クリニックの業務というものはある意味特殊です。

特に透析クリニックの業務では人によって合う合わないが大きく分かれます。

元・医療従業者元・医療従業者

透析業界に進む人が70%の臨床工学技士でも透析業務だけはしたくないって人が多いよ。

なので合わないと1年以内に辞めてしまう人もいますが、逆に合う人なら10年以上、定年まで透析クリニックに務めるという看護師もいます。

 

まとめ

透析クリニックの平均年収は看護師全体の年収に比べると少ないです。

しかし、この平均年収は夜勤込みの年収のため、基本的に日勤のみの透析クリニックの年収は高収入と言えます。