看護学校を卒業すると初めは病棟へ就職する看護師が多いですよね。

その後しばらくして看護師の中でも色々な悩みが出て、転職を考えることもあるでしょう。

 

そんな時クリニックへの転職を考える方もいますよね。

クリニックは日勤のみのところが多く、夜勤がないので体調が良くなるというメリットがありますね。

 

しかしここで気になるのは給料ですね?

夜勤がないとなると夜勤手当がなくなるので年収が下がることだ予想されます。

 

そこで今回はクリニック看護師の給料について解説します。

 

クリニック看護師に必要なこと

 

クリニックで働く看護師にひちようなことについて解説します。

業務内容を確認しておけばイメージがしやすいですね。

 

クリニック看護師の業務内容

クリニック看護師の業務の主な業務、診療介助はこちらです。

・問診

・バイタル測定

・採血

・点滴処置

・検査説明

 

クリニックによっては心電図の測定やレントゲン画像の現像なども行います。

 

クリニックで働くには雑務があります。

・医療器具の洗浄や消毒

・タオルや衣類も洗濯

・クリニック内の掃除

・診察ベットの準備

・備品の発注

 

元・医療従業者元・医療従業者

透析クリニックでは鉗子の滅菌も看護師さんがしてたよ。

受付がないクリニックでは看護師が受付や会計、電話対応することもあります。

 

クリニック看護師に求められるスキル

業務内容を知った後に求められるスキルを確認しましょう。

・即戦力

・コミュニケーション能力

 

クリニックでは血圧測定や注射、採血は必要な技術となります。

ある程度の教育はされますが、即戦力が求められることが多いです。

 

また、クリニックでは患者さんとのコミュニケーションが必要になり、看護師やスタッフも総合病院や大学病院より少ないので、看護師同士の連携が必要なことからもコミュニケーション能力が必要になります。

 

クリニック看護師のメリット・デメリット

 

クリニック看護師に必要なことがわかったところで、クリニックの看護師になるメリットとデメリットについて知っておきましょう。

 

クリニック看護師のメリット

クリニック看護師のメリットはこちらです。

・夜勤がないクリニックが多いので体が楽になる

・休みは暦通りと休診日で基礎正しくなる

・高度な知識が要求されない

・クリニックに馴染めば仕事がしやすい

 

クリニック看護師のメリットは規則正しいことが大きいです。

夜勤がないので体力的にも精神的にも安定し、カレンダー通りの休みになることが多いので、子供やパートナーとの時間がとれやすいですね。

 

患者も急変することや急患の対応するということも少ないので心に余裕を持って働くことが可能です。

 

地域に密着した小さなクリニックであれば患者さんの顔なじみになる方も多くなりますね。

スタッフの人数も限られれているため、一般病棟での大人数の人間関係に悩まされた人にとっては、人間関係の構築に悩むことが少なくなります。

 

クリニック看護師のデメリット

クリニック看護師のデメリットにはこちらです。

・雑務が多い

・急な休みがとりにくくなる

・給料や福利厚生、退職金はクリニック次第

・人によっては仕事内容にものたりなさを感じる場合がある

 

クリニックは人数が少ない状態で運営するので、掃除や業務準備、備品発注、場合によって受付業務など、看護師業務以外にもやることがたくさんあります。

 

休診日が決まっていて規則正しい生活ができますがその反面、急な休みが他のスタッフとの兼ね合いを考慮しなくてはならないですね。

 

クリニックに向いている看護師と向いてない看護師

 

クリニックの勤務は病棟とは異なるので、向いている看護師とそうでない看護師がいます。

ではどのような看護師がクリニックに向いているのでしょうか?

また、どのような看護師がクリニックでの勤務をやめたほうがいいのでしょうか?

これについて解説します。

 

クリニックに向いている看護師とは

クリニックの勤務に向いている看護師は、次のような看護師です。

・地域の患者さんや少ないスタッフと密接なコミュニケーションが取れる人

・血圧測定や点滴、注射、採血が問題なくできる人

・夜勤を行いたくない看護師

・緊迫した仕事内容は精神的に辛いと思う看護師

 

クリニックに向いていない看護師

クリニックの勤務に向いていない看護師は、次のような看護師です。

・小さなコミュニティが苦手な人

・時間の余裕よりも金銭面を重視する看護師

・緊急性を求められたりするほうがやりがいを感じる看護師

・勉強会などの積極的に参加したい看護師

 

 

クリニック看護師の給料の相場はどのくらいか?

 

クリニック看護師の給料がどのくらいなのか解説します。

正規雇用やパート・派遣別で解説します。

 

正規雇用で新卒入社した場合

家庭の事情な度で、新卒からクリニックを探す方もいるでしょう。

技術面で即戦力を求められることも多いですが、探せば新卒でも丁寧に指導してくれるクリニックもあります。

給与面では19万円〜23万円になることが多いようです。

 

美容系に興味のある方は新卒で美容系クリニックに就職する方もいます。

美容系のクリニックは自由診療ということも多いので、新卒でも月収27万円以上の給料になることもあります。

 

正規雇用で転職した場合

転職でクリニックへ正規雇用で働く場合は、ある程度経験してからの仕事になりますね。

なので即戦力で求められることが多いです。

 

経験年数や転職先のクリニックにより幅はありますが、給与は19万円〜25万円程度になります。

病棟に比べると給料は下がりますが、残業や夜勤がなくなった分の給料が引かれたという感じになります。

 

パート・アルバイトの場合

パート・アルバイトの場合は歩合なので月収ではなく時給で提示します。

だいたい時給1500円〜2000円です。

 

スタッフが産休や育休などで欠員している時は派遣の看護師を以来していることもあります。

 

給料が高い看護師は何が違うのか?

 

クリニックのよって給料は様々ですが、クリニック内でも給料に差はあります。

できることなら給料は多くもらいたいですよね?

では給料が高い看護師は何が違うのでしょうか?

 

スキル

採血や心電図などスキルにプラスアルファがある看護師は給料がアップする可能性があります。

資格をえることでも給料アップの査定に響くこともありますが、給料アップしない可能性もあります。

 

例えば透析クリニックで勤務をして「透析療法技術認定士」の資格をとれば給料がアップするというイメージはありますが、給料が変わらないというケースもあります。

 

元・医療従業者元・医療従業者

オレが勤めてた透析クリニックは、透析療法技術認定士の資格を取得しても給料アップしないって言われたから受けなかったよ。

ナース(転職悩み中★)ナース(転職悩み中★)

先輩からとったほうがいいとか言われませんでした?

元・医療従業者元・医療従業者

特に言われなかったよ。上司も持ってなかったし。給料がアップするどころか勉強会の参加や試験の費用とかで出費が増えるからいらないって思った。

でも他のクリニックでは給料がアップしたみたい

 

クリニックによっては様々ですが、資格取得で給料がアップするかは交渉するか質問してみるといいでしょう

 

 

経験

経験を積むことでクリックでの対応の仕方に慣れてきてクリニックにいなくてはならない存在になっていくでしょう。

患者さんやスタッフからの信頼が暑ければ離職して欲しくないと思うはずです。

このような場合、個人のクリニックの場合は院長の判断で給料が上がる場合があります。

 

役職

看護師長や主任などの役職につけば手当がついて給料がアップするでしょう。

勤続して昇格したり他でスカウトされるなどで役職に就く経緯はそれぞれあるでしょう。

ただ、責任が重くなるのでその分の対価という形になりますね。

 

まとめ

クリニック勤務の給料は病棟の時に比べて減少する傾向があります。

 

夜勤がなく体調など生活が安定することが多いので、家族との時間が作りやすいというメリットがありますがクリニックの仕事は雑務などは増えます。

なので自分がクリニックにあっているかどうか確認してから転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職サイトの使い方がわからないという人はサイト登録の流れの記事もあります。

 

人生は長いですが、大人になり年齢を重ねていくとあっという間に過ぎていきますので後悔しないように選択して人生を元気で楽しむような生活を心掛けたいですね